塚澤健二

【毎週配信!「生活防衛の教室」が3分17秒でわかる映像↑】

☛今週のポイント!☚

~過去、「関東-全国の差(移動平均ベース)」は07年のサブ・プライムローン問題、08年のリーマン・ショック、11年欧州債務危機など世界的な金融危機の局面で大きく悪化。関東地区が地方に比べ世界の金融危機に左右されやすい経済構図になっていることを示してきた。…16年6月に英国の EU 離脱問題で金融市場が混乱、大きく悪化したが、16年7月以降、回復傾向が継続。やはり、16年から指摘してきたように、日銀が16年7月に決定した年間6兆円に倍増した ETF の購入、9月の「イールドカーブコントロール」の新たな金融政策が効果を発揮したかたち。ただ、その効果は一巡しており、今年2月の VIX ショックが今後、どのように大きくなるのかが注目される。「08年のリーマン・ショックは、半年毎に大きなショックが訪れたため、次は8~9月が要注意の時間帯となる。」と指摘したが、「トルコショック」は…


生活防衛の教室
生活防衛の教室セミナー 11月

コラム

2018.08.22 コラム ,

半年毎の大きなショック…トルコショック

img_7fd8e3a72408f66c81cc43513d1c128f47056

半年毎の大きなショック…トルコショック 「関東-全国の差(移動平均ベース)」… 依然、高水準のプラス圏を維持している。 これは東京を中心とする関東が全国の景況感を大きく上回っていることを示すと同時に、 世界的な金融危機は…

2018.07.05 コラム ,

FIFAワールドカップを2倍楽しむ方法

6c6e8aa9f9734a738bce80f65e650d84_s

FIFAワールドカップを2倍楽しむ方法 『ワールドカップと相場』の TーModeL コラムにおいて、 『では、このワールドカップと相場には何か関係があるのだろうか? 1990年イタリア大会以降を検証してみると、 『大会が…

2018.04.15 コラム ,

政府の「サラリーマン減少プロジェクト」で皮肉にも日本の生産性は向上する?

3d5b4b5e40a0ca912fda854668d6f67b_s

政府の「サラリーマン減少プロジェクト」で皮肉にも日本の生産性は向上する? 2018/4/5 日本経済新聞に 『フリーランス、経済規模 20 兆円 今年推計、9%増で最高 副業など働き方柔軟に』 が掲載されている。 『フリ…

2018.02.01 コラム ,

ビットコインバブルと「靴磨きの少年」

e6633bbdf92d354e2bfb8df18ec3a25e_s

ビットコインバブルと「靴磨きの少年」 日経新聞は1月22日~26日に5回シリーズで 『ビットコインバブル』を特集していました。 読まれた皆様も多いと思いますが、 この『ビットコインバブル』の特集記事が 終了した途端の1月…

2018.01.06 コラム, NEWS! ,

大発会日経平均26年ぶり高値!2018年戌年とビットコインの未来は?

e454922f80e7b1b19073df81d8a14671_s

ビットコインの熱狂はチューリップバブルか、それともITバブルか 大発会日経平均26年ぶり高値! 昨日、ワールドビジネスサテライトでは 恒例の、日本を象徴する大企業のトップに 今年の予想株価を聞く コーナーが放送されており…

2017.09.27 コラム ,

急浮上した衆議院解散・総選挙と日経平均

27835325af6052aad3f80b464c7c8325_s

急浮上した衆議院解散・総選挙と日経平均 ~週末、安倍晋三首相が 9 月 28 日の臨時国会冒頭に衆議院を解散、 10 月 10 日公示・22 日投開票の日程で実施することを軸に 調整に入ったとの報道で「選挙相場」が始まっ…

2017.08.15 コラム ,

8月21日に起きる米国横断の約1世紀振りの「皆既日食」

75cb99c1bb28dba7022304f332f42ce8_s

8月21日に起きる米国横断の約1世紀振りの「皆既日食」 ~今年 8 月 21 日、 米国では西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州まで、 大陸を横断する皆既日食が見られる。 大陸を横断する皆既日食は 1918 …

2017.07.09 コラム, NEWS! ,

都議会選挙は都民ファースト圧勝、自民党の歴史的大敗。「投票率」51%超で喜んでいる人は?

無題

Amazonランキング・ベストセラー1位獲得! 塚澤健二新著「未来からの警告2!トランプの破壊経済が始まる」 出版記念プレゼントキャンペーン中!↓↓↓ 都議会選挙は都民ファースト圧勝、自民党の歴史的大敗。「投票率」51%…

2017.06.26 コラム ,

いよいよ「トランプの破壊経済」スタートの時期が迫っている?

塚澤書籍Facebookバナー (2)

Amazonランキング・ベストセラー1位獲得! 塚澤健二新著「未来からの警告2!トランプの破壊経済が始まる」 出版記念プレゼントキャンペーン中!↓↓↓ いよいよ「トランプの破壊経済」スタートの時期が迫っている? ~…4 …

セミナー・CD

塚澤健二

塚澤健二さん

北海道大学工学部卒。
理系出身アナリスト第一期として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。
「本物のプロフェッショナルによる本物の運用の時代」を予期し、07年10月に投資顧問会社T-Modelインベストメント株式会社を設立。ファンダメンタル・アナリスト時代からの「T-Model」分析に加え、物理学を応用し3次元で相場を分析する「T2」モデルを開発。独自の予測モデルによる的確な予測を提供している。著書に『そして大恐慌が仕組まれる』がある。