プレ「1%の人が気づいている内なる叡智を開く鍵」第4回配信・大沼忠弘

Print
第四帯

自身の内側に広がる宇宙の存在に目を向けるためには意識の拡大が必須であり、
カバラーの究極の目的である“神のような意識”の状態に近づき得た瞬間、
人間の五感は飛躍的に開かれる・・・
大沼氏自らの内的実体験をもとに、その意識状態への考察を試みます。

カバラーに隠された奥義、覚醒とは?深遠な謎の中心へと日本を代表するカバラー研究者が誘います。


ビデオが途中で止まってしまう場合など、インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから再度、再生をしていただけますと幸いです。記でも閲覧できない場合、下記のyoutubeヘルプをご確認してください。
https://support.google.com/youtube/answer/58129?hl=ja


映像をご覧になった後は、
ぜひ、下記のコメント欄にトークの感想や
こんな話を聞いてみたいなどをお書きください。

コメント欄に記入する場合は、ニックネームでも構わないので
安心して感想をお書きください。

動画の感想を下記のコメント欄にぜひお書きください。

無題

大沼忠弘

<プロフィール>
1940年生まれ、東京大学卒業後、名古屋大学で古代哲学を教える。
日本におけるカバラー研究の先駆者。プラトン哲学から出発し、その起源を探る過程で古代密儀と遭遇。

その伝統が現代まで連綿と繋がっているのがカバラーだと気がついて1970年からカバラー研究に打ち込む。

カバラー関係の主著に「実践カバラー」(人文書院)と「魔法カバラー」(学習研究社)がある。
古代密儀、カバラに関する訳書及び論文多数。現在、イシス学院でカバラー、タロット、アストロロジーを教えている。 【イシス学院HP:http://www.isis-osiris.jp】

大沼本

映像をご覧になった後は、
ぜひ、下記のコメント欄にトークの感想や
こんな話を聞いてみたいなどをお書きください。

コメント欄に記入する場合は、ニックネームでも構わないので
安心して感想をお書きください。

動画の感想を下記のコメント欄にぜひお書きください。

無題

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

※コメントが本サイトにより不適切と判断された場合は、削除されることがあります。

4件のコメントがあります

  1. なつみ より:

    カバラと仏教は本当によく似ているんだなと感じました。カバラではいったいどのような行をするのか、どんどん興味が湧いてきます。

  2. ロッキー より:

    意識を拡大させる方法としてのカバラ。西洋でもこのような方法論があることが、人類として普遍的なものを感じさせてくれます。

    大沼先生のご著書は書店で見かけたことがありますが、とても紳士でいらっしゃるのですね。

  3. いっと より:

    内的世界に目を向け意識を拡大することが、
    カバラの究極の目標に近づくこと。

    だんだんカバラの世界が分かってきた気がします。

  4. ちゃかぽん より:

    現在、大沼先生のもとで学ばせて頂いています。先生の豊富な知識には毎回驚くばかりで、とても充実した時間を過ごさせて頂いています。「意識の拡大」にはまだ至っていませんが、なんとなく積極的になった自分を再発見する日々です。