小山流 経営成功法則

小山流経営成功法則

説明は不要です。

あなたがもし経営に行き詰まっていて現状を突き破りたいなら、
あなたがもし本気でビジネス拡大を考えているなら、
今すぐ 『小山流 経営成功法則』 を手に取ってください。

なぜなら数多の経営ノウハウの中にあって、
小山の集大成は、紛れもない本物だからです。

経営コンサルタントの頂点に立った男の最後の集大成

 著書52冊、経営者たちから絶大な支持を受ける経営コンサルタント小山政彦が、40年のビジネス経験から得た経営ノウハウのエッセンスを注ぎ込んだDVDが誕生しました。収録は2015年6月-7月。小山自身も「これが最後」と語る真の集大成です。

 小山の著書52冊をすべて読むのは大変です。DVDやCDなどの教材を含めると、相当のボリュームに及びます。小山から直接コンサルティングを受けるのも高額です。

 「それでもしっかり小山流を学びたい。」

 『小山流 経営成功法則』は、そんなあなたのための教材です。

なぜ小山の集大成を学ぶ必要があるのか?

 世の中には、数多の経営ノウハウが氾濫しています。限られた時間で、何を学ぶか、誰に師事するかは、きわめて重要な判断です。そんな中で、あなたには小山の集大成を学ぶ必然性が3つあります。

① 実績が違う!

 小山には、第3代目社長として、船井総研を大きく成長させ、東証一部に上場させたという実績があります。無類の経営コンサルタントでありながら、組織の経営者としても実績を出した人物はわずかです。しかも、小山が社長として大きく成長させた船井総研は、経営の神様「舩井幸雄」が創業した会社です。だからこそ、ノウハウのリアリティが違います。

② エネルギーが違う!

 スマートな経営コンサルタントはたくさんいます。しかし、小山ほど馬力をもったコンサルタントにはそうお目にかかれません。大きな体から発するエネルギーは、見る者を圧倒します。

 経営には、規律、厳しさ、時として周りを蹴散らしても前に突き進む「父性の力」が必要です。最近ではすっかり見なくなった星一徹タイプの経営コンサルタント ― それが小山政彦です。

③ バリバリの理系出身!

 小山は早稲田大学大学院まで進学して数学を学んだバリバリの理系。口は下町のべらんめぇ調でも、計算はバレリーナのように緻密で繊細です。数学を駆使してマーケティングの原理を定式化し、経営の現場で有効性を実証、さらにそれを中学1年生でも理解できるくらい分り易く砕いて説明してくれる点も魅力です。

 一見難しい数理マーケティングも、小山の手にかかれば、誰もが現場で活用できる経営のレシピに早変わりします。

価格はわずか58,000円

 6巻のDVDとテキスト1冊がついて、『小山流 経営成功法則』の価格はわずか58,000円小山の40年の結晶が、わずか58,000円です。
 即決即断は経営者の重要な能力です。この程度で迷うくらいなら、はじめから成功はありません。

 迷わず今すぐ買ってください。成功への道のりが一気に短縮することを約束します。

数量:

小山 政彦とは?

 現・株式会社風土の代表取締役会長である小山政彦は、辣腕の経営コンサルタント集団を多数擁した一部上場企業の株式会社船井総合研究所において、トップコンサルタントから、社長、そして会長職まで務めました。まさに、経営コンサルタントの頂点に立った人物です。

 小山は、船井総研時代において、数多くのトップコンサルタントがいる中で未だ破られていない年間3億円の売上記録を樹立しています。さらに経営面においても、経常利益5億円だった船井総研を5年で5倍の25億円にまで伸ばし、大証2部から東証1部へ上場、株価を10倍に、売上・利益共に連続増収増益という業績を残しました。さらには、日本一ボーナスを払う会社にというおまけまで。この圧倒的な実績は、スーパー・コンサルタントとしての実力のみならず、経営者としても超一流であることを知らしめました。

 コンサルタントの、経営者の超プロである小山氏が、自身のコンサルティング術、経営術の集大成の講座として、540分もの時間にわたり語り、6本のDVDにまとめあげました。超一流の実績と経験から繰り広げられるパワー・トークは、本物のトークであり、経営者のみならず、企業の幹部、コンサルタント、そして、起業を志している人たちにも必須のバイブルとして、広く役立ち、長く使っていただけます。

 小山流経営術エッセンスがぎっしりと詰まったDVDは、見返すたびに新たな発見があることは間違いありません。まさに一生ものの宝がぎっしり詰まったDVDと言えます。この貴重なチャンスを、ぜひ見逃さないでください。そして、経営指南のバイブルとしてあなたの座右に置いてください。

みっちり540分学んだ先には、あなたの会社の爆発的な成長が待ち受けている!

小山流 経営成功法則
次へ

『小山流 経営成功法則』収録内容

仕事論

■一生ものの仕事の習慣
家業の苦難がなければ成功はなかった

社長論

■日本的リーダーシップ
20%台だった離職率が6%に!社員の心をつかんだリーダーシップ論

■9割の会社は社長で決まる
V字回復は必然。小山が自らに課した5つのルールとは?

人材論

■長所伸展法について
最低限の欠点をただせば、自ずと長所は伸展する

■社長の十ヶ条
潰れない会社を支える社長の掟とは?

■戦力アップの八ヶ条
「99%トップがダメだから社員が辞める!」

数理マーケティング①マーケティングの原則

■マーケティングの原則
売り上げを上げたいなら、まずはシェアを伸ばせ!

■シェア分布モデル
商圏人口20万人のオートバックス、チラシの枚数はわずか1万枚。そのワケは?

■商圏間引力と流出と流入のルール
こうして山梨県甲府市のデパートは衰退した

■郊外型店舗出店条件
幻に終わった「コンパクトオートバックス」

■パーソナルユース化の歴史
町の宝石店が、たった2ヶ月で1年分を売り上げる

■原理原則
12万円の高額シルバーアクセサリー200点が、たった4日で完売

数理マーケティング②3つの根元的分岐点

■分岐点1.商圏人口における階層性
オートバックスは、この理論で年商635億円から2,800億円へと飛躍した

■分岐点2.アイテムパワーのルール
新小岩に出店したディスカウントストア小山商店、初年度売り上げがいきなり28億円

■分岐点3.価格ラインにおける根元的分岐点
とんかつ理論でプライシング、勝機を逃さず利益を最大化。

数理マーケティング③購買頻度指数

■購買頻度マトリクス
在庫半分、売上2倍の店舗が続出!使ったのはたった1枚のチャート。

■ライフサイクル
これからのマーケティングは、worth商品の開発が鍵。
そして、マーケティング4.0へ ――

数量:

小山 政彦 プロフィール

小山 政彦

小山 政彦

 東京都墨田区押上出身。
 開成中学校・開成高等学校を経て、1971年に早稲田大学理工学部数学科を卒業。数学者を志して早稲田大学大学院へ進学するも、家業のディスカウントストアを手伝うため中退し経営に携わる。
 縁あって1984年6月、㈱船井総合研究所へ途中入社。入社3年目には1億円を売上、7年目には年間3億円を稼ぐNo.1コンサルタントとして活躍する。
 1989年に異例のスピードで役員に抜擢されると、その後、副社長を経て2000年、同社代表取締役社長に就任。
 社長就任後は、船井グループの業績をV字回復させ、大証2部から東証1部への上場を果たす。また20%以上だった離職率を7%にまで改善し、賞与支給額日本一の企業にする等、経営者としても手腕を振るい、同社の「第二創業期」に大きく貢献する。
 2010年には代表取締役会長に就任し、2013年3月まで務め、退任後は㈱風土を立ち上げ、代表取締役会長へ就任する。
 現在、顧問として様々な企業経営への参加、リーダーの育成を行うと共に、日本から世界に通用するブランドビジネスを誕生させることを目標としている。
 16歳からの夢は、シュリーマンに憧れ、卑弥呼の墓を掘り当てること。著書も多数あり、東京下町気質の気さくで痛快な人柄は多くのファンを魅了している。

著書一覧
小山流 経営成功法則
数量: