カタカムナ人は重力波やスカラー波を使って人を治していた

2017年2月7日 コラム ,

無題



カタカムナ人は重力波やスカラー波を使って人を治していた


電磁波の問題を研究していくうちにすごいことを発見したかもしれない。
炭コイルは電磁波ノイズをなくすことで電磁波対策になるとこれまで考えていました。
しかし、炭コイルにはそれとは別の効果があったのです。
炭コイルに使われている仕組み(時計回りのコイルと反時計回りのコイルを合わせる)が、
一万二年以上前のカタカムナ人が書いたカタカムナ文献にのっていたのです。

その文献によると現代科学ではまだ公式に認められていない
重力波やスカラー波について書かれていました。
そして、縄文時代より前のカタカムナ人は、
炭コイルと同じ原理を使って、
薬を使うかわりに重力波やスカラー波を使って人を治していたのです。
カタカムナ人は土地の電場や磁場の異常に敏感であったといわれていますが、
その解決策である重力波やスカラー波を利用する方法をそんな昔に持っていたとは驚きです。

炭コイルが持つ医学的な効果はまだまだ奥が深く、
今後、炭コイルを進化させるとガンをはじめ難病が治ると考えています。
簡単に言うと、私たちが住む三次元で起きている癌や難病など
現代医学で解決できない病気などの現象は、
四次元レベルの物理現象(スカラー場という空間に存在する仮想粒子や重力波のふるまいの異常)が
原因になっています。

したがって三次元の世界で起こっている
難治性の病気などの現象を完全に解決するには三次元よりも
上の次元である四次元レベルに変化をおこさせなければなりません。
四次元の物理現象には重力波がかかわっているので、
現代科学がまだ使っていない重力波を使いこなすことが不可欠です
(これは病気はもとから断たなければダメという思いから来ています)。

~丸山アレルギークリニック院長 丸山修寛先生より~


★行列のできるお医者さん丸山修寛先生がカタカムナの謎を解く!
【ホリスティックレッスン~包み込みの健康法則~】
「全人類全脳覚醒」
【2月12日(日)開催】
カタカムナの謎がわかれば、人類は間違いなく進化する!
 ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=hom0212

※当日ご参加が難しい方、ご遠方の方には、
収録約2週間後に、オンライン配信もご覧いただけます。

★午前中はオーラグラフ測定体験会を緊急開催!
その人の個性まで見えてしまう!そして疲労度、チャクラ…改善方法もお伝えします。

丸山修寛

丸山修寛さん

1958年兵庫県芦屋市に生まれ。山形大学医学部卒業。宮城厚生協会坂総合病院、東北大学病院第一内科、仙台徳州会病院を経て1998年、丸山アレルギークリニック開院。東洋医学と西洋医学に加え、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療法には定評があり、独特の治療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。治療のモットーは「自分だけの喜びは、どんなに頑張ってもたかが一人ぶん。他人(家族・友人・患者さんなどの自分以外の人)も幸せにすれば喜びも自分の分もプラス人数分になる。そうすれば無限大まで喜べる」。著書に『アトピーのルーツを断つ!!』(ホノカ社)『500年の時を経てついに明かされたダ・ヴィンチの秘密』(幻冬舎ルネッサンス)、『奇跡のマンダラシール』 (マキノ出版)など。

★「ホリスティックレッスン~包み込みの健康法則~」は、
約5カ月間にわたる全5回講座がお得です。
各異なる業界で最先端を走る
超プロの医師、歯科医、光エネルギー師、ジャーナリスト…
先駆者9人が世界唯一!コラボレーションした
「健康・新医学」の決定版イベント、

【ホリスティックレッスン全5回連続講座
 お申し込み・詳細はこちら】
http://51collabo.com/?page_id=5786