STAP細胞の正体 復活!千島森下学説

2016年10月29日 コラム, NEWS! , , ,

91LyTuC-5BL

STAP細胞の正体 復活!千島森下学説


「STAP細胞はある……!」
こう断言すれば、嘲笑が返ってくるかもしれない。
それは、もう一件落着。
「存在しない」ことでケリがついている。
だれでも、そう思っている。信じている。

だからこのタイトルに眉をひそませる。
怪訝(けげん)な思いを抱く。それも当然だろう。
「ところが、STAP細胞は存在する。」
なぜならその正体はリンパ球(白血球)だからだ。

「小保方さんが“発見”した、というのはリンパ球でしょう。それが、体細胞に変わる万能細胞であることは、理の当然です」
こう断言するのは森下敬一博士(国際自然医学会、会長)。
博士は、半世紀以上も前に学会から弾圧、抹殺された千島・森下学説の双璧の片方をなす。
この学説を初めて聞いたという方が、ほとんどだろう。
それもそのはず。現代医学どころか近代医学までもが、過去およそ200年にわたり、巨大な〝闇の勢力”に完全支配されてきたからだ。

…STAP細胞の真実を理解するには、千島・森下学説を理解しなければならない。
それは、50年以上も前に、弾圧、抹殺された生命理論である。
それが、STAP細胞騒動を機に、闇の奥から復活してきた。
その原理は、極めてシンプルである。

ー食は血となり肉となるー
これは、逆もまた、真なり。
ー肉は血となり食となるー

つまり、赤血球・白血球こそが万能細胞なのである。

「万能細胞である白血球が、体細胞になるのは当然です。小保方さんは、偶然にそれを発見したのでしょう。ただし、試験管内での再生は極めて困難なはずです」(森下博士)…

~船瀬俊介著「STAP細胞の正体「再生医療は幻想だ」復活!千島・森下学説」より~


★あの「千島森下学説」提唱、森下敬一先生登場!【11月3日(木、祝)】
無から有へ!胎生でわかる「造血基礎理論」は世紀の大発見!

第1講座の単発講座募集もございます!
http://51collabo.com/?shop=homy1103
「氣」エネルギーで造血「経絡造血」説を公開!
森下敬一先生と

誰でも知っている超有名プロスポーツ選手や
日本ラグビーWカップ躍進も支えた
食指導の超プロ、山田豊文先生が

コラボ登場の豪華版!
   ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?page_id=5786

G_02
船瀬

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る