「仮想通貨」は、はたして真のイノベーションなのか?

2016年7月14日 コラム , ,

329f3a3007a1cbe12bdab64ad36249e7_s

「仮想通貨」は、はたして真のイノベーションなのか?


製造原価約 20 円とされる 1 万円紙幣。
この「紙切れ」同然のものに
中央銀行である日本銀行が「1 万円」という価値を保証して
支払い決済で使えるようにしているのが日本円。

本当にいつまでも日本銀行は保証してくれるのか?

という素朴な疑問が湧いてくる。
ただ、「皆が通貨だと思えば通貨になる」。
それだけではないのか?
戦後もそうだったように時代の激変とともに通貨は
突然「紙切れ」となることは歴史が証明している。

13 年 11 月 18 日に開かれた
米上院のビットコインに関する初めての公聴会では、
当時のバーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長が
ビットコイン取引のリスクを指摘する一方、
確実で迅速な決済手段になれば
長期的にみて利点がある可能性も認める書面を提出した。

この仮想通貨ビットコインが普及すると困るはずの FRB が
逆に認めるような行動を取ることは不思議である。

ビットコインの開発者が不明なように、
誰かが何かを目的に仕掛けた可能性もある。

以前ご紹介した記事では
『今までは金融分野のイノベーションは
株や債券の取引を電子化するにすぎなかったが、
インターネットから生まれたビットコインは真のイノベーションだ。
デリバティブに匹敵する革新になるかもしれない。』
と指摘している。

「仮想通貨」は、はたして真のイノベーションなのか?

それはデリバティブが米国が窮状に追い込まれた
「9.11 同時多発テロ」以降、
急拡大していったが、
「仮想通貨」が世界の通貨制度が危機に瀕しているこの時期に
造り出された点でデリバティブと共通している。

つまり、「デリバティブ」も「仮想通貨」も
「誰かが何かを目的に仕掛けた延命策」のような
「イノベーション」なのだろう。

もう一度言っておくが、
改めてお金の根本を考える時が来ているような気がするのだが・・。


~必見の最新配信!2016年7月11日配信「生活防衛の教室」第235回~

★2012 年 11 月以来の低水準まで落ち込んだ「2016 年 6 月景気ウォッチャー調査」
★「英 EU 離脱」ではない 6 月のもう一つの「離脱」…仮想通貨
★「売り」圧力が「買い」の 2 倍に達した異常を示す「プットコールレシオ」

塚澤健二先生のオリジナルデータ付きレポート&解説音声の全貌はこちら!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop_tag=shop_tag02_sub01


★新著出版記念セミナー収録CD発売開始!
「生活防衛の教室」セミナーはいつも変化点!【5月28日(土)開催収録分】
消費増税見送りで日経平均17000円大台!
  ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=tscd0528
※開催約1週間を目途に発送させていただきます。


★塚澤健二新著「未来からの警告!2017年超恐慌時代の幕が開く」
Amazon新着ランク1位!
経済ジャンル・ベストセラー1位!

TS0528


2016年夏、最後のバブル終焉。
第二のリーマン・ショックはじまる!

この秋から2017年にかけて、
リーマン・ショック並みの経済混乱が噂される中、
今後の世界経済はどうなるのか?
選挙をにらんだ夏までの日本株上昇相場、原油の反転、ユーロ危機再燃など……、
秋までの驚愕の展開を、著者独自のT2モデルで予測。

「原油は反転! 石油メジャーの次なる一手」、
「ヨーロッパ初の危機、グレンコアに注目」、
「新ドルの可能性」など、ほかでは読めない情報が満載!

あなたの資産防衛にきっと役に立つはず・・・!
(日経平均、NYダウ、ドル/円、ユーロ/円、WTI、金価格など、独自のT2モデルで予測したチャートも掲載)

第1章 第二のリーマン・ショックは2016年にはじまる
第2章 世界の金融緩和リレーと日本のマイナス金利
第3章 欧米にくすぶる経済危機の火種
第4章 暴落から反転、年内には強気相場入りする原油
第5章 近づく米国主導のルール変更のとき
第6章 悩める中国の実態
第7章 最後のバブルが、ゆうちょ銀行とGPIFを追い込む
第8章 個人の資産防衛、有効な投資&資産整理はいかにすべきか?

    ↓  ↓  ↓
amazon購入キャンペーン申し込みはこちら!
注目の「パナマ文書」に関するサンプル音声も必聴!

塚澤健二

塚澤健二さん

北海道大学工学部卒。
理系出身アナリスト第一期として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。
「本物のプロフェッショナルによる本物の運用の時代」を予期し、07年10月に投資顧問会社T-Modelインベストメント株式会社を設立。ファンダメンタル・アナリスト時代からの「T-Model」分析に加え、物理学を応用し3次元で相場を分析する「T2」モデルを開発。独自の予測モデルによる的確な予測を提供している。著書に『そして大恐慌が仕組まれる』がある。