10年サイクルは前半の素人相場から後半のプロの相場へ

2016年3月18日 コラム

無題

10 年サイクルは前半の素人相場から後半のプロの相場へ


~3月4日、NY では WTI が 36 ドルまで上昇し、
また日経平均も 17000 円乗せ、NY ダウも 17000 ドル乗せで終了しました。

2 月 13 日の生活防衛の教室セミナーでの予測が現実化しました。
セミナーの日はあの日経平均が 15000 円割れとなった日で、
市場関係者は総悲観のなかの予測でしたが、
他に同様の予測した人は何人いたでしょうか?

上がれば強気、下がれば弱気の市場関係者が殆どだからです。

多分、当時、弱気を予測した方は
往復ビンタ状態となっているのではないでしょうか。

10 年サイクルでいうと、
前半の 3 からつく年に始まる上昇相場はプロだろうが、
素人だろうが誰が予想しても大差なく当たります、

しかし、5 の付く年からの後半は難しく、
本当のプロにしか相場を予想することができなくなります。

現在はその段階に入っています。

つまり、ここからは本物と偽物の差が浮き彫りになる相場ということになり、
来年はそれが益々鮮明化するのではないでしょうか。

実態経済に表れるのは 1 年程度遅れるため、
来年ぐらいから企業にも本物と偽物の差が表れてくるのかと思います。

今はその意味では、
本物と偽物の差を見極める眼を養う良い時間帯ということになります。

逆に言えば、
それを見極める眼のない人は大きく騙される可能性があり、
その点では注意が必要な時間帯でもあります。

今回のボトムからの大幅反発は
それを浮き彫りにする良い例となったのでないかと思われます。・・・~


~2016年3月7日配信「生活防衛の教室」第218回より~
コラムの続き、
☆「順張り投資」スタイルの世界最大の年金基金 GPIF の
16 年 1~3 月期パフォーマンスは過去最悪か?
☆10 年サイクルは前半の素人相場から後半のプロの相場へ
☆時計の針を益々、逆戻りさせる「アベノミクス」!

塚澤健二先生のレポート&解説音声の全貌はこちら!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop_tag=shop_tag02_sub01


★第221回塚澤健二先生の「生活防衛の教室」は収録模様を公開!
お花見屋形船で懇親会セット価格です!【3月28日(月)】
   ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=ts0328


★「生活防衛の教室」セミナー待望の関西開催!
「生活防衛の教室」は変化点!4月は何を示す?【4月16日(土)大阪】
   ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=ts0416


塚澤健二新著『そして偽装経済の崩壊が仕組まれる』
Amazon新刊ランク1位!
経済本ランク1位!

12189808_911156415634917_6490672718416194720_n
















※膨大なデータ分析に基づいた粛然たる事実が日本経済を奴隷化する※
◆序 章 本物の危機がやって来る前に
◇第一章 政府が仕掛けた上げ相場
◆第二章 指数の真実を読み解く
◇第三章 サイクルがすべてを決める
◆第四章 勝つのは「値上げ力」のある企業
◇第五章 日本劣化の正体
◆第六章 必ずやって来る第二のリーマン・ショック
◇終 章 T2モデルによる市場・株価・商品分析

    ↓  ↓  ↓
ご購入はこちらをクリック!

塚澤健二

塚澤健二さん

北海道大学工学部卒。
理系出身アナリスト第一期として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。
「本物のプロフェッショナルによる本物の運用の時代」を予期し、07年10月に投資顧問会社T-Modelインベストメント株式会社を設立。ファンダメンタル・アナリスト時代からの「T-Model」分析に加え、物理学を応用し3次元で相場を分析する「T2」モデルを開発。独自の予測モデルによる的確な予測を提供している。著書に『そして大恐慌が仕組まれる』がある。

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る