創業100年の企業は、なぜ栄え続けるのか?

2016年3月4日 NEWS! ,

12313571_938458246209103_1782903080157491044_n

創業100年の企業は、なぜ栄え続けるのか?


東日本大震災があった年、2011年の
中小企業の倒産件数は、1万2700件、

廃業は2万1542社。

中小企業をめぐる状況は悪いですが、
大企業もシャープの買収、
東芝の不正会計、

ソニーやNECなど、
千人単位の人員削減を行っていて、
大企業なら安泰という時代はすでに終焉、

ビジネスを取り巻く環境は
パラダイムシフト級(当然と考えられたことが革命的に変わること)
の変化が起きてきています。

そこで、
このパラダイムシフト、
大変化の時に、どのようなことが大切なのでしょうか?

誰しも、
大企業、中小企業、また個人事業主で、
仕事には関わらなければなりません。


だから、今!

皆様にご紹介したい人がいます。

山本化学工業、
代表の山本富造氏です。

創業は江戸時代。

そう、100年以上続く中小企業の
4代目です。

昨今、
グーグルやアップルなど、
アメリカのIT企業の株式時価総額などが派手にニュースされますが、

100年以上続く企業数は、
世界でも日本がトップです。
それもダントツの。

初代・・・
二代目・・・
三代目・・・
四代目・・・

如何に、事業を継続発展させていくことが難しいかを、
皆様も身を持ってご存知のはずです。

山本化学工業の前身は、

石川県小松市にて廻船問屋として始まり、
大阪府堺市に移り、海運業となるが、

大正時代になると一転し、
科学製造業へと転業。

当初は、粉ミルクや脱脂粉乳を合成加工して、
当時は貴重だった
洋服のボタンを製造。

そして、第二次世界大戦後に
「高分子ゴム=合成ゴム」の生産を開始し、
1950年代に「消しゴム付鉛筆」を開発。

トンボ、三菱鉛筆、コーリン社などへ供給、
さらに、ツーピースのゴルフボールの芯を開発するなど、
時代を支え、

1960年には、
日本で初めてウェットスーツの製造を開始し、

現在ではウエットスーツ素材の世界シェアは60%を占めます。
さらに、動きの激しいトライアスロンでは、
ほぼ独占的なシェアを占めています。

更に!

社員1人当たりの稼ぎだす売上は1億。

新しい技術で、

新しい市場を切り開いているのです。


今回の第6回目を迎えるヒューマンカレッジは、

月刊誌「ザフナイ」好評連載中の
船瀬俊介氏の講演の中で、

「グリーンテクノロジー」

の紹介が出てきます。

つまり、
石炭、石油、ウランを燃やす「火の技術」ではなく、

自然エネルギー、革新的技術です。

そのご紹介の後に、

山本富造氏が登場されます。


山本化学工業は、
上記事業変遷を経て、
最先端の光エネルギー放射素材を開発、

福島第一原発で働く作業員には、
鉛を練り込んだ
「放射線遮蔽ベスト」にその技術は生かされ、
作業員の命も守っています。

放射線エネルギーが
鉛の分子運動の中に吸収されることによって、
通り抜けることができなくなるのです。

そのような、
最先端の光エネルギー素材の開発だけでなく、

大きなミソは、

四代目社長の山本富造氏が、

その技術により、
どのように新たな市場を開き、
事業を永続的に営んできたかということ

とても重要なのです。

技術だけでも、
マーケティングだけでも、
知識だけでも、

事業を4代継続させることは無理でしょう。


山本富造氏は言います。

僕は四代目。

大じいさんも、

じいさんも、

おやじも、

ず~と大阪の下町にある

ちっちゃい工場でがんばってきた。

何十年も蓄積された弱者の戦略、戦術には、

賢いやつが何人か集まって

知恵を絞ったくらいでは

全然太刀打ちできないような、

ノウハウが詰まっている・・・~


激変の今、

一番大切なことはここにあり!

皆様、今回の秘蔵の経営の本質を

お見逃しなく!


第6回 ヒューマンカレッジに山本富造氏登場!
仕事場はいつも現場!講演する機会はとても希少!
机上の空論ではない、「実学」「実体験」をお見逃しなく!

【日時】 2016年3月12日(土) (12:00 受付開始)
 12:30~17:30

【会場】 クリエクロス神田
 (東京都千代田区鍛冶町2-3-2 神田センタービルディング6階)

    ↓  ↓  ↓
お申込みはこちらから!


山本富造氏プロフィール

高速水着素材で知られる大阪の山本化学工業株式会社・代表取締役社長。
社員73名で、社員一人当たりの売り上げは1億円を超える。
1959年、曾祖父、祖父は日本初の安価ボタン、
父は消しゴム付き鉛筆で大成功を収めた発明家一家の長男として生まれる。
1984年、25歳の時に父親の「社長、交代するで」の一言で経営者に。
度重なる円高により長らく自転車操業を余儀なくされるも、
「超高付加価値商品」に舵を切ったことをきっかけに逆転。
現在は医療機器から放射線遮蔽服まで幅広く手がける。
特技は少林寺拳法。正拳士四段を保持。ニックネームはトミー。

【おもしろ科学カンパニー 山本化学工業HP】
http://www.yamamoto-bio.com/
【山本富造社長ブログ】
https://www.facebook.com/tommy.y.blog

51E4IIN-AAL