第5回 ウインター(冬)タイプの方にお勧めのカラーコーディネート☆

2015年12月15日 コラム

11874407_870970582994882_1155232342_o

こんにちは。ビューティーカラーアナリストの海保 麻里子です。

前回はサマー(夏)のgroupがお似合いになる方にお勧めのカラーコーディネートについてお話しましたが、今回はいよいよ最後のカラーgroup、ブルーベースで華やかな印象の「ウインター(冬)」タイプの方にお勧めのカラーコーディネートについてお伝えしたいと思います。

4つのカラーグループについてはこちらをご覧ください↓
http://salon-de-lumiere.com/personalcolor/4color.html

11911620_870970452994895_1840000808_n

ウインターはポインセチアの鮮やかな赤や、クリスマスツリーの深いモミの木のグリーンに代表されるように ヴィヴィットで華やかな色が特徴のカラーパレットです。そして、白・黒・グレーといったモノトーンが春夏秋冬4つの中で唯一入るカラーグループでもあります。そのためコントラストが非常に強いパレットになっています。

ウインターが似合う方は、お肌はピンク系で明るい方も暗い方もいらっしゃいます。また、中には一見オークル系のような小麦色の肌の方も。そして、髪や眉や瞳が真っ黒で強い印象があり、スタイリッシュなイメージの方が多いgroupです。

まずは貴方がウインターに当てはまるかどうか下記の項目をチェックしてみてください。

□肌はピンク系で色白、またはちょっと暗めな方だ。
□肌はオークル系で、もともと色は黒い方だ。
□髪はつやのあるブラック、または赤みのダークブラウン。暗めの方が品のいい印象になる。
□瞳(カラーコンタクトで色を変える部分)は黒、または赤みのダークブランだ。
□眉が真っ黒で太い方だ。
□瞳は大きくて白目と黒目のコントラストがはっきりしている。もしくはシャープで切れ長だ。
□黒を身に着けるフェイスラインが引き締まって見え、よく人から「似合う」と褒められる。
□キャメルやマスタードの服を着ると肌が黄色くくすんで見える。顔も大きく見える気がする。
□真っ赤や真っ青などの鮮やかな色を着ても、色に負けないで華やかな印象になる。
□目鼻立ちがはっきりしていて「可愛い」より「キレイ」なタイプだ。

いかがでしたか?このうち6つ以上当てはまる方はかなりウインターのお色が似合う方です。「ちょっと微妙でわからない?」という方はぜひ下記の無料診断コーナーもチェックしてみてくださいね。

無料診断コーナー↓
http://salon-de-lumiere.com/personalcolor/test.html

ウインタータイプの方ははっきりとしたお顔立ちが特徴。シャープでモダンな印象の方が多いです。毎回お伝えしておりますが、パーソナルカラーは顔周りに持ってくるのが最も重要です。特にキーポイントとなるメイクアップカラーから今回も見ていきましょう。

☆ウインタータイプの方にお似合いのメイクアップカラー

●ウインタータイプの方にお似合いのピンクは、鮮やかなショッキングピンク系☆ でもパーティーなどの特別な時でなければ、サマーに近いローズピンクのリップでもOK。ウインターの方は目力があるのが特徴なので、アイメイクをしっかりとしていただいたら、口元は少し弱めの色で抜け感を出しましょう。全部強い色にしてしまうとけばけばしい印象になってしまうことも。何事もバランスが大切ですのでトレンドと合わせて調整してみてください。
また、チークは少し濃い目のローズピンクがお勧めです。

逆に明るくて黄みの強いピーチピンクはお顔が黄色くくすんだ印象になってしまいますので避けた方がbetterです。

●アイシャドーはサマーと同様に、ブルーベースの場合は赤みのブラウン系の濃淡(ココア系のグラデーション)がお勧めです。もしパーティーなどで思いっきり華やかにしたい時はモノトーンのアイシャドーでモデルさんのような囲みメイクをしても美しさが際立って素敵です。

11879623_870970559661551_900372391_o

☆ウインタータイプにお似合いのお洋服は?

●コートやスーツ、ジャケットなどのワードローブの核となるベーシックカラーは、モノトーンである白・黒・グレー。そしてネイビー系がお勧めです。
1980年代にコムデギャルソンの流行などが引き金となって、日本人に根強く人気の黒が最も似合うタイプの方なので、どうぞ自信を持ってセレクトしてください。もし黒が少し強いと感じたらチャコールグレイや濃紺にすると少しソフトな印象になります。反対に黄みの強いキャメル、アーモンドブラウンは特に苦手なお色ですので出来るだけ避けましょう。

●インナーは真っ赤やショッキングピンク、ロイヤルブルーなどを合わせると華やかな感じに。もう少し優しい印象にしたい時は、薄いラベンダーやペールピンクなどを合わせるとすっきりと爽やかな印象になります。モダンなイメージが強いウインターですが、女性らしさを演出したい時にペールカラーはお勧めのカラーコーディネートです。

11874407_870970582994882_1155232342_o

☆ウインターにお似合いのアクセサリーは?

●ブルーベースのサマー同様、ウインターの方もメタルはシルバー、プラチナがお勧めです。デザインはブルガリのように少しボリュームのあるタイプのものを。石はダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルド、クリスタルなどがウインターのシャープな魅力をより引き立てます。

彼やパートナーにジュエリーを買ってもらうときは、ぜひ貴女に似合うものを選んでもらってくださいね。(私はその昔、主人に似合わない色の指輪を買ってもらってしまいました。。。ダイヤ付の高価な指輪だったのですが、残念ながらずーっとジュエリーボックスの中で眠ったままです。いつか息子のお嫁さんにあげたいと思います。笑)

似合う色=パーソナルカラーをお顔周りに持ってくるだけで 誰でも簡単に美人度が5割増しになります。弊社サロン・ド・ルミエールでコンサルティングを受けられたお客様からも周りから「あれ、なんだか急にキレイになったね!何かあったの?」と聞かれたという報告がたくさん入っています。

貴方も明日からぜひファッションコーディネートにパーソナルカラーを取り入れてみてくださいね。きっと二度見されるほどの美人に大変身すること間違いなしです☆

これで4つのカラーグループのご紹介が終わりました。次回からは春夏秋冬 各パレットの「シーン別お勧めカラーコーディネート」についてお伝えしていきます。どうぞお楽しみに!

海保麻里子

海保麻里子さん

サロン・ド・ルミエール代表/ビューティーカラーアナリスト

色とメイクで女性を見違えるほどキレイに大変身させるカラーのスペシャリスト。
百貨店、外資系アパレル セリーヌ・ジャパンを経てカラーコーディネーターに転身。ファッション業界での経験を活かし、東京・南青山と千葉のサロンにおいてトータルビューティーのコンサルティングを行う。
特にWebサイトのbefore & after写真が「劇的にキレイになる!」と口コミで評判となり、現在南青山のサロンには日本全国はもとより海外からも本気でキレイになりたい女性が殺到。ご予約は1か月待ち。これまでに8000名以上の悩める女性達を救う。
(before & after例はこちら→http://salon-de-lumiere.com/blog/?cat=159

また、カラー講師歴17年。サンケイリビング新聞社、帝国ホテル、ゲラン・パリ等の一流企業でのイベントや講演も多数実施。スクール事業も展開し、志を同じくする後進の育成にも力を注ぐ。(「カラーデザイン検定3級対策講座」通信教育DVD制作及び出演[ヒューマン・アカデミーにて販売])

外見が変わることにより内面も大きく変わる事例を数多く見てきた経験から、「女性は誰でも美しく、そして幸せになれる」 をモットーに 色の持つ力で外見力をアップし、一人でも多くの女性を輝かせることをミッションとして多方面にわたり活動中。

所属団体および保有資格
・日本パーソナルカラー協会認定講師
・国際カラーデザイン協会ICD認定カラーデザインマスター&パーソナルスタイリスト
・文部科学省後援AFT1級カラーコーディネーター

□サロン・ド・ルミエールwebサイト→http://salon-de-lumiere.com/
□ブログ「海保麻里子のもてパーソナルカラー塾」→http://salon-de-lumiere.com/blog/

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る