国家税収52兆円のうち41.5兆円が医療費を占める異常な国が日本

2017年9月29日 コラム , ,

51M1TNYyPfL



国家税収52兆円のうち41.5兆円が医療費を占める異常な国が日本


現在の日本では、昨年1年間で
100万人の新規のガン患者が増加。

そして、日本の医療費は
平成27年度に41.5兆円を超えました。
国民1人あたり327,000円です。

昭和30年のときは8,000万人の人口で
2,300億円ですから、
医療費は170倍です。

日本の国家税収52兆円のうち、
41.5兆円が医療費を占めるという
異常な国が日本なのです。

======================

★10月21日、22日は、船瀬ワールド全開in大阪
2日間ご参加は特別割引特価!
経済、健康、食、裏情報…あらゆるジャンルを網羅!
山田豊文先生がスペシャルゲスト!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=fun1022

======================

ご紹介致しました数字。
これは何を表わしているかというと、
いかに今の医学が病気を治せないか、
病気をつくり続けているか、

そして、今の社会制度や栄養学も含めて
何のの役にも立っていないということ…。

こう仰るのは、
著書『老けない体をつくる食べ方』は、15万部突破!
数々の著名人やトップアスリートの指導実績はダントツの

山田豊文先生です。

更に山田先生は言います。

~現代医療は毒を増やし、
細胞環境を悪化させています。
この医療費問題を厚生労働省は
どうしようとしているかというと、

「医療報酬を下げる 」
「健康保険料を上げる」
「消費税を上げる」 です。

おかしいと思いませんか?
健康な人をつくればいいんです。
健康な人は医療費がかかりません。
今の社会は病気をつくっている社会です。

米国のFDA が
「トランス脂肪酸は食べ物ではない。
2018 年までに全面排除する」

と発表しましたが、
この意味を日本人は理解していません。
——————————————-
“私たちの体は食べたものでできています”
——————————————-
最高の家を作るためには
上質な木材が必要であるように、
極上の身体を作るためには
至極の食べ物が必要となってきます。

しかし、日本人は基本的に食べるものを
間違えているため、病気になるのです。~

山田豊文先生は、
最先端の「分子栄養学」「分子矯正医学」を
ベースとした研究理論を臨床と結びつけ、
生体内(細胞レベル)での
栄養素の複雑なメカニズムを解明して体系化。

加えてアスリートの協力を得てその効果を実証 、
医療分野にも応用し成果を上げていらっしゃいます。

いま世の中にあふれている情報は
本当に正しい情報でしょうか?

私たちは知らず知らずのうちに、
マスメディアの情報に左右されて、
本当に大切なこと、気を付けなければ
いけないことは隠されている事情を
お伝えできましたらと思います。

======================

★10月21日、22日は、船瀬ワールド全開in大阪
2日間ご参加は特別割引特価!
経済、健康、食、裏情報…あらゆるジャンルを網羅!
山田豊文先生がスペシャルゲスト!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=cho1021

======================

PS.

山田豊文先生の講演収録映像を
オンライン配信でご覧いただけます。

なんと同じ講座に
「千島森下学説」提唱の

森下敬一先生が登場されている

語り継がれるべき
永久保存版の内容です。
 ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=homy1103

=======================
講師ご紹介「山田豊文」氏
=======================

杏林予防医学研究所 所長
赤坂フロイデクリニックCEO
杏林アカデミー 理事長
米国公益法人ライフサイエンス
アカデミー理事長
日本ミネラルファスティング協会理事長
分子整合医学美容食育協会 特別顧問

大学卒業後に渡米した際、
薬を用いずに人が本来持つ自己治癒力を
引き出して病状を改善する分子整合医学に
出会い、米シカゴ・ ドクターズデータ社で
ミネラルの生体利用性を研究後、
同社認定の指導者としての資格を取得。

1984年、予防医学のためのスクリーニングテスト
として日本にいち早く毛髪ミネラル分析を導入。

帰国後この理論を研究発展させ、
栄養学を学ぶ人たちへの新しい理論の普及を目的
と して杏林予防医学研究所を設立。

分子整合医学理論に基づいた正しい食事の改善と、
独自の断食方法をベースに、医療、 教育、スポーツ、
美容といった分野において 「山田式スーパーヘルス
プログラム」を展開し、育成、指導している。

その体験者は 10万人を超え、多くの有名アスリートや
芸能人、政治家など 各界の著名人からも絶大なる信頼を
得ている。

また、医師や歯科医師を中心とした
ミネラル研究会である
「山田式ミネラルファスティング(YMF)研究会」を主宰。

さらに、医師・や栄養学を学ぶ人々向けまで、
細胞環境デザイン学を学べる
杏林アカデミーを開校している。


~~~講師プロフィール~~~

隠された歴史、マスメディアに載らない情報を幅広い視点で解説!

長先生②
長典男

1957(昭和32)年、群馬県太田市に生まれる。
1972(昭和47)年、中学3 年生の時、偶然立ち寄った護国寺で出会った高野山(こうやさん)の高僧に導かれ、和歌山県の高野山にて、真言宗金剛峯寺派の「裏高野」の僧侶として修行を始める。22歳で還俗。一般の社会人として企業に就職するかたわら、「見えないものをみる力」を生かし、悩める人の相談に乗ったり、必要に応じて情報提供をしてきた。
著書『あの世飛行士は見た!?歴史の有名なあの場面』(ヒカルランド)、『あの世飛行士(タイムジャンパー)は見た!?《歴史の有名なあの場面》 あまりに不都合な《歴史トラブル》へのタイムトラベル』(ヒカルランド)、『ヒナ型NIPPONの《2018:ミロク世グレン》の仕組み 天変地異も闇の世界権力も全てを抱き参らせて進め!』他多数。

◆長典男と描く地球未来「スーパーサミット」HP https://synapse.am/contents/monthly/funai

長 書籍

~~~講師プロフィール~~~

月刊「ザ・フナイ」人気連載中!火の文明から緑の文明へ誘う!

funase
船瀬俊介

医療・環境ジャーナリスト
執筆家
著書「買ってはいけない」200万部大ベストセラーで話題を呼び、「抗がん剤で殺される」で一大センセーショナルを巻き起こす。独特の語りで、現代医療の矛盾と問題点に鋭くメスを入れる。
1950年 福岡県生まれ。九州大学理学部を経て上京し、早稲田大学第一文学部に入学。日本消費者連盟に出版・編集スタッフとして参加後、独立。独立後は消費者・環境問題を中心に評論・執筆・講演活動を行っている。温暖化などの地球環境問題、シックハウスなど健康問題、さらに文明論的視点から建築・医療・健康・食品の鋭い批評を展開。近著として、『(暮しの手帖)をつくった男』(イースト・プレス)、『できる男のメンタルコンディショニング』(主婦の友社)、『年をとっても ちぢまない まがらない』(興陽館)、『できる男は金を呼ぶ!』(主婦の友社)、『健康寿命120歳説』(三五館)、『ロックフェラーに学ぶ悪の不老長寿』(ビジネス社 (2017/1/7) など200冊以上。『知らないことは罪である。知ろうとしないことはさらに深い罪である。』と伝承し、クスリ漬けの現代医療から脱却し、昔からの伝統医療を復活させる目的で、【新医学宣言】を声高らかに訴える。

◆船瀬俊介 公式HP http://funase.net/(メルマガ配信中)

船瀬 書籍

~~~講師プロフィール~~~

著書『老けない体をつくる食べ方』は、15万部突破!数々の著名人やトップアスリートの指導実績はダントツ!

山田
無題54
山田 書籍