プレ・マスメディアには載らない情報パート2~パンドラの箱は開けられた~

5000名のお申込みをありがとうございます


マスメディアには載らない情報
あなたは、気づいていませんか?

テレビから流れるニュース
新聞に書かれた大きな見出し、
学校で習ってきた教科書の内容、

「常識」だと知ってきたことは
本当の情報でしょうか?
そんな疑問を持ったことは、ありませんか?

テレビや新聞のニュース、

~2019年
「世界報道の自由度ランキング」報告書の発表。

日本は前年と同じ67位。
「記者団」は日本では
「メディアの多様性が尊重」されているものの、
沖縄の米軍基地など
「非愛国的な話題」を取材するジャーナリストが
SNSで攻撃を受けている、と指摘。
(国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」)

国民にとって必要な情報(権力側にとって不都合な事実)が
得られづらくなり、以前から経済は
「戦後の焼け野原」に向かっていると指摘してきたが、
ジャーナリズムも暗黒の戦前に
逆戻りしているのかもしれない。~
☞第375回塚澤健二先生の「生活防衛の教室」より☜

「報道の自由度ランキング」

データが資源となる情報氾濫時代、
何が本当の情報で
どうやって本当の情報を選ぶのか?


偏ることのない多方面の超プロが
マスメディアには載らない情報を
全8回にわたり、たっぷりとお伝えします。

マスメディアには載らない情報・第2弾!
「パンドラの箱」はすでに開けられた。

全8回

「プレ・マスメディアには載らない情報パート2~パンドラの箱は開けられた~」の無料映像公開期限は終了致しました。多くのご視聴とコメントをいただき、誠にありがとうございました。全5回にわたる本講座が2020年2月1日(土)よりスタート致します。本講座の内容は☞こちら☜からご覧いただくことができます。


偏ることのない多方面の-

トップ

無料一部ご紹介

第1回

☑ 米中貿易戦争の真相
☑ 軍産複合体とつながる米メディア
☑ 米メディアと密接な日本マスメディア
☑ 中国共産党が抱える問題
☑ 日本の長期連休中に世界は動く
☑ 後醍醐天皇が説いたのは王道か覇道か

~~~講師プロフィール~~~

いま蘇る「縄文の叡智」2020年、太古の…縄文の叡智が浮上する

201901_志波先生

北一策

元小学館コミックス編集室長
元スーパーサイエンスマガジン「ワンダーライフ」編集長
元名古屋造形大学客員教授。
1945(昭和20)年東京都生まれ。早稲田大学政経学部卒。
1967(昭和42)年小学館入社。「ビッグコミック」、学年別学習雑誌などの編集部に在籍。その間、手塚治虫、横山光輝、水木しげる、園山俊二、藤子・F・不二雄、川崎のぼるなどの漫画家の編集者を担当。現在はフリーの漫画研究家。著書:北一策のペンネームで『達磨文書』(扶桑社)、『カタカムナ“源流”日本人よ!』(ヒカルランド)、『アジアから世界を動かす秘密結社「幇」と「墨子思想のすべて』(ヒカルランド)などがある。

古代に日本列島に生きた人びとの叡智《カタカムナ文明》

51EeSoGPP5L

特殊固有なその心、その魂、その精神
カタカムナ《源流》日本人よ!
今こそこの《大霊脈本流》の中に世界を戻すのだ

◎ 99%隠されたあなた《カタカムナの本質を内蔵した特殊なる日本人》よ!《カタカムナノウタヒ》と共に次元間TRAVELINGに出かけよう!
◎ 科学でもなく哲学でもなく金融経済からも隔絶した孤高の固有世界
一粒の砂を見て全宇宙を一瞬で理解してしまう《直感共生の文明》へ――
◎ 世界一古い磨製石斧(ませいせきふ)が日本から見つかるのは当たり前だった
◎ 古代に日本列島に生きた人びとの叡智《カタカムナ文明》「ヨモノタカミヲムスブハイヤシロチ」などカタカムナ八十首のウタヒから浮かび上がったその中身とは?
◎ 楢崎皐月『静電三法』、桜沢如一『陰陽無双原理』、宮澤賢治『農芸科学』、今西錦司『共生の進化論』、藤原咲平『気象学』、橋田邦彦『生理学』、高田蒔『宇宙生物学』など、みな日本固有の心が下地となって生まれてくるのはなぜなのか!?
◎ 元駐日イスラエル大使エリ・コーヘン、イスラエル調査機関アビ・ハイルらが日本で探しているのは、昔アシュクと呼ばれた「ユダヤ十二支族」とは別の「ユダヤ十三部族」アシュケナジーの古き仲間たち?
◎ カタカムナ人とアシュクの関係は?
◎ 日本人とは何なのか。日本文化とは何なのか。
◎ なぜ世界の中に日本が存在しなければならないのか――
◎ この源流を遡っていくのだ、超太古《カタカムナ》日本人よ!
◎ 99%隠された《己の真実》をつかむために

★北一策氏とは?が3分57秒でわかるムービー↓


☞★北一策氏の最新!極秘レポート配信中!↓

志波氏至宝レポートスライダー

第2回

☑ 杣浩二氏は日ユ同祖論の物的証拠で博士号を取得
☑ 諏訪大社の筒粥神事は未来を占う
☑ 出雲~諏訪~鹿島・香取の神社建立の理由
☑ 鹿島・香取の要石と地震の影響
☑ 天変地異と古代の知恵

~~~講師プロフィール~~~

月刊誌「ザ・フナイ」人気連載中!~情報最前線~未来への指針を示す

飛鳥
飛鳥昭雄

サイエンスエンターテイナー
1950(昭和25)年、大阪府生まれ。アニメーションやイラスト、シルクプリントの企画制作に携わるかたわら漫画を描き、1982(昭和57)年、漫画家としてデビュー。漫画作品として『恐竜の謎 完全解明』(小学館)など、作家としては『失われた極東エルサレム「平安京」の謎』(学研)、『完全ファイルUFO&プラズマ兵器』(徳間書店)など多数。現在、サイエンスエンターテイナーとして、月刊『ムー』などで作品を発表している。

◆飛鳥昭雄ワールド:http://akio-aska.com/
◆飛鳥昭雄 エクストリームサイエンス 生放送|円盤屋 http://enbanya.jp/live/

飛鳥書籍

経営コンサルタントの草分け、舩井幸雄創刊!月刊誌「ザ・フナイ」とは?

81iGtGcVGML

「ザ・フナイ」は、経営コンサルタントだった故・舩井幸雄が、自らの多様な人脈の中から執筆者を選りすぐり、“マスメディアでは取り上げられない本当の情報”をはじめ、まだ広く知られていない諸分野の情報、先駆けた情報、および新しい世の中のヒントを提供したい、という強い意志と希望を持って2007年に創刊致しました。『ザ・フナイ』を発刊するの目的は、世界の仕組み・事実を多くの視点から知っていただくことで、エゴからエヴァへの世界に向けてのヒントを感じていただけることを目的としています。 日本と世界の将来、地球と人類の行く末を真剣に考える人たちの意見を自由に掲載し、読者の皆さまに、さまざまな見方、意見、視点があることを充分にお知りいただいたうえで、どのような世界に自分は住みたいのか? をご自身で判断していく材料にしていただけるよう、多方面からの情報をお届けしています。いま一番大事なのは、「自主」「自己責任」そして、それらを踏まえた「自由」です。これまで積み上げてきた価値観が一気に崩れる瞬間をぜひご体感ください!

★マスメディアには載らない情報 月刊誌「ザ・フナイ」とは?☜

☞★飛鳥昭雄氏登場!マスメディアには載らない情報パート1☜

新51トップスライダーー (1)


第3回

☑ 鹿島・香取はなぜ、重要なのか?
☑ 神社に当たり前にある祝詞(のりと)の本来の効果
☑ 祝詞の中の「大祓い祝詞」の重要性
☑ 鹿島神宮に存在した秘文書「弓前(ゆま)文書」とは?
☑ 日本原語…弥生語の発見は、これまでの常識をくつがえす

~~~講師プロフィール~~~

知られざる日本の至宝…「要」の鹿島・香取

暁玲華プロフィール写真

暁 玲華

古神道研究家 、スピリチュアルアーキテクト1969年生まれ 。千葉大学工学部建築学科卒 。
大学時代から興味のあった世界の古代宗教を研究する傍ら、日本の神道や陰陽道、民間呪術等に精通する。
神主の資格を持ち、風水師、スピリチュリストとしても活躍。パワースポット研究の第一人者として雑誌、ラジオ、テレビなどに出演 。アプリやWEBサイト「暁 玲華99年に一人の霊視力」等がある。
著書に「幸せを呼び込むパワースポット」( 集英社)、「鎮宅霊符カード」(VOICE)、「おはらい88の作法」(アスペクト)他多数 。
【暁 玲華 HP:http://akatsukireika.net/】

萩原先生

萩原継男

元鹿島神宮禰宜
鹿島神宮の社家「家枝神(けしがみ)」職 三十一代目
昭和17(1942)年茨城県鹿嶋市に生まれる。早稲田大学第一政経学部中退。試験検定により明階取得。元鹿島神宮禰宜。鹿島神宮の社家「家枝神(けしがみ)」職の三十一代目。「家枝神」とは、平安時代、京都より勅命で鹿島神宮宮司として赴任した大中臣片岡大宮司家(初代清持)から枝分れした家の意。

mapaturu


第4回

☑ イスラエルのバックにはアメリカがある
☑ 世界が注目するイスラエルのイノベーション力
☑ イスラエルの起業率等、数々の世界一
☑ 集団農業共同体「キブツ」とは?
☑ 軍需と企業イノベーション

~~~講師プロフィール~~~

日本はイスラエルに学べ!爆発するイノベーション

米山先生ザフナイ
米山伸郎

1958年、東京都生まれ。東京工業大学経営工学科卒業。81年、三井物産入社。一貫して航空宇宙分野を歩み、宇宙航空部次長、三井物産エアロスペース取締役等を歴任。2008年より米国三井物産ワシントンDC事務所長。アメリカから見たグローバルビジネス環境情報の収集、分析を担当。ワシントンDCの産官学関係者とネットワークを築く。12年に早期退職後、13年に海外人材の積極活用・支援を目的とした日賑グローバル株式会社を設立。


img_b6f1f84846b785623ba285cdd159bca0553104

生き残るためには頭脳しかなかった
★ノーベル賞受賞者数、研究開発費、博士号保有者数、ベンチャー起業数…人口比で世界一の知的レベルの高さを誇るイスラエル。その強さの背景には軍のエリート選抜システム、「失敗を恐れない」教育、移民がもたらす多様性、そして不屈のフロンティア精神があった!…
~タルピオットのプログラムの凄さは、若者がまだ気づいていない自らの潜在力を見出し、若者の夢を共存させながら、プログラムを通じて彼らの潜在力を最高レベルに高めてゆくところにある。自らの潜在力に気づいた若者は、その後のキャリアにおいてイノベーションを発揮してゆく強力なモチベーションを持つようになる。~
~米山伸郎氏著書「知立国家イスラエル」より~

ザフナイ対談風景


第5回

☑ ヌーソロジーやカタカムナ等、叡智が復活されつつある
☑ 2013年以降、人類は覚醒期に入った
☑ 覚醒期には隠された情報が世に出るようになる
☑ ダビデの星と次元構造、八咫鏡(ヤタノカガミ)
☑ 次元構造と生命の樹(カバラ)

~~講師プロフィール&メッセージ~~

「東洋のシンドラー」杉原千畝の奇跡とシンクロネットワーク

daihyo_img
杉原哲也

ブレインスパ豊田ラボ所長 千畝リベレーション協会 代表理事 私は「地球」という美しい惑星に住む一人の人間として、本来の生命が輝きに満ちた尊貴な存在であると信じています。虚空に実在するこの球体の中で、我 々は驚くべき奇跡的なドラマを、日々刻々と繰り広げ、清も濁も美も醜も飲み込みながら回転を続けています。そこに方向性が、意図される未来が存在しているのかどうかは知る由もありませんが、現状は未だ生命の軽視が、差別が、暴力が、そして絶望が居座っている事も正視しなければなりません。山積する課題の一つとして私の視点は、社会と個人の一種の「不調和」ともいうべき問題に向かいました。いわゆる「精神疾患」という「苦悩」、そして 「差別」についてです。周囲からは理解されにくい「心」の状態。この国において、自殺者が交通事故の死者数を超え、下方へとスパイラルする心の悪循環が起こりうる今、あえて調和や協調、枠組みを外した「あたりまえの感覚」を発信し続け、連携を持って足下から行動を起こしていきたいと考えています。
◆一般社団法人千畝リベレーション協会 http://chiune.jp/ chiutokubetsu

☞★杉原哲也氏登場!最先端テクノロジー、ニューロフィードバックとは?↓

tokubetsu

第6回

☑ ユダヤの奥義、生命の樹(カバラ)と日本神道
☑ 日本創造神話と生命の樹(カバラ)
☑ 古事記を編さんした藤原不比等は、生命の樹(カバラ)を知っていた?
☑ 猿田彦はアマテラスの前にいた太陽神
☑ 一靈四魂と山蔭

~~~講師プロフィール~~~

ユダヤの至宝、生命の樹【カバラ】と日本神道の驚くべき類似性

松本ひろみ

松本ひろみ
カバラソサエティー日本支部代表。
フェローシップ・インナーライト日本代表。
1945年生れ。所沢市在住。東京外国語大学イタリア科卒業。20年間の教師生活の後、渡米。
ポールソロモンのILC(インナーライト・コンシャスネス)の手法、モンテッソーリ教育を学んだ後に渡英。
シュタイナー教育及びシモン・ハレヴィ師によるカバラを学び、日本でのカバラの学習の深化に努める。
人間の可能性の追求、人類の意識向上新しい価値観と社会のために、今こそ秘教が必要と精力的に活動中。
『カバラ入門生命の木』、『カバラの道』・・等ハレヴィ師の著作を翻訳出版。著者「カバラの知恵」「カバラカード」
【魂の学校フィリングHP:http://filingjp.com】

松本本

mapaturu3


第7回

☑ 日本語とヘブライ語の共通言語はなんと3000語
☑ 日本人は知らない間にヘブライ語を喋っている
☑ 2000年以上前の奇跡の言語…ヘブライ語とは?
☑ 生命の樹(カバラ)を学ぶことは、日本人のDNAに関与する
☑ 日本の君が代とイスラエル国歌の類似

~~~講師プロフィール~~~

引き寄せの法則を成功させる、受け取りの法則があった!

小西

小西温子

生命の樹研究家。1971年、札幌生まれ。小学3年生の時、ピラミッドの図鑑の不思議な図形に心を奪われる。この出会いが「生命の樹」の原初体験となる。25歳の時に参加した地球環境問題の講演会で衝撃を受け、価値観と生活への態度が大きく変わることになるが、反面、ずっと生きづらさも抱え、どう生きていったらいいかがわからずに、30代は引きこもるように田舎で過ごす。2007年、また生命の樹が人生に現れることに。『フラワー•オブ•ライフ』(ナチュラルスピリット)での「生命の樹」との再会をきっかけに探求が始まり、やがて、「生命の樹(カバラの教え)」の叡智を『受け取る』ようになる。その叡智こそが、もうすでに在るものを『受け取る』方法であることを発見し、苦しかった心が瞬く間に、望む方向に運ばれていき人生が激変。「生命の樹」の叡智、それは『引き寄せ』ができない原因を補う『受け取る』方法を説くもの――この自分を救ったプロセスを、他者と分かち合うべく、現在は『受け取りの法則』を全国で伝える活動をしている。

71KxMhxNuCL

ユダヤの至宝、生命の樹(カバラ)とは何か?
生命の樹(カバラ)とは?…生命の樹は、世界中に伝わる神話の中にシンボルとして存在します。最も有名なものは、旧約聖書です。生命の樹の対である、知恵の樹の果実をイブが食べてしまったと伝えられています。生命の樹は、人間の成長を助ける学問(専門用語ではカバラ)のひとつです。カバラ数秘というものが有名ですが、数秘は、カバラから生まれたものです。他に、タロットや占星術、心理学、建築学などもカバラから生まれたと言われています。一生かけて学び続けるような、広範囲に渡る体系を持つ学問です。カバラの語源は、古代ヘブライ語の『キャッバーラ』という言葉です。意味は、『受け取る』です。カバラとは『受け取る』ことを学ぶ学問なのです。生命の樹の仕組みを学ぶと、受け取り上手になります。また、生命の樹は、天と地の間の秘密を解く鍵とも言われています。見えない世界の創造の仕組みを見えるように表した設計図とされています。

◆生命の樹(カバラ)研究家 小西温子オフィシャルブログより https://ameblo.jp/imakokowatashi-arigatou/

☞★小西温子氏登場!マスメディアには載らない情報パート1☜


第8回

☑ 受けてきた歴史の教育と違う歴史が存在する
☑ ヤファエ、アラー…本当は皆同じ神を信仰していた
☑ 伊勢神宮外宮と渡来(ワタライ)氏
☑ 神楽(カグラ)とメソポタミアの伝承
☑ アメノウズメ神話とベリーダンス

~~~講師プロフィール~~~

バベルの塔が崩壊したのは言語の乱れ…世界をつなぐ方法があった!

表

表博耀
1962年大阪市生まれ。「ネオ・ジャパネスク(温故創新)」と題した独自の日本的世界観を表現する神楽や芸術作品展などの事業を各国で展開。
1996年以降は国家間国際交流事業として、イタリア、フランスドイツ、イギリス、韓国、シンガポール、ベトナム、アメリカ、ハンガリーなどで25年間にわたり開催を続ける。
2005年に経済産業省内で発足された「新日本様式(ネオジャパネスク)ブランド推進懇談会」の発起人。
2010年、観光庁「エンタメ観光マイスター」第1号に任命。
2011年、イタリアのオペラハウス ペルゴーラ劇場とコッチャ劇場にて「創生神楽」を公演。
現在、日本国内を中心とした聖地での「創生神楽」の奉納を続けている。
2012年、出雲観光大使に任命。<日本文化伝統産業近代化促進協議会 会長・観光庁エンタメ観光マイスター・出雲観光大使・経済産業省伝統的工芸品産業室(財)伝統的工芸品産業振興協会 産地プロデューサー>

無題

古きを尋ねて新しきを創り出す
★表博耀は、年少の頃から日本の古神道や修験道・古武道などに見られる日本古来の動きや形・作法を学び体得してきました。その結果、本団体の基本であるネオジャパネスク(温故創新)、“古きを尋ねて新しきを創り出す”という考えが生まれ、このコンセプトを基に伝統文化の源である神楽の本流を残しながら、パフォーマンスや振付けを創作し「創生神楽」を創り上げてきました。神楽に見られる、神や自然に対する畏敬の念を奉納する形や表現方法等をそのまま残した、現代の『神楽』に相応しい内容となりました。
当団体は、代表理事の表博晃を中心に1985年旧西ドイツでの初舞台公演以降、国内外20都市に於いて『ネオジャパネスク』と称した独自の理念を伝える為に舞台公演や展示会を行ない続けてきました。この「創生神楽」は、その集大成と言えるべき作品です。 また、2016年秋には、国家祭祀を司る代表的な存在とされている家柄の山蔭氏の継承を拝命いたしました。山蔭氏は国家、世界の大事を司る為、素養を第一として受け継がれ、勅命により、代々霊統継承を歴史としています。
山蔭流創生神楽は、子々孫々と繁栄の営みが繋がる様に、文化伝承と身体健全そして蘇り(御祓)の継承を実践し、世界平和と祈りの実践に寄与して参ります。

◆創生神楽 ホームページより http://www.kagura.jp.net/index.html

★表博耀氏登場!日本の叡智パート2in出雲ダイジェスト↓


超一流の人々に、その時点で、
もっとも多くの人に伝えたい事を
本音でストレートに書いてもらって、
「本当のことが深くわかる情報」をお伝えしたい。

今後すばらしい世の中を築くであろう
多くの有能な人たちに、
事実を正しく知ってほしいからです。
いまのところ、そのようなメディアは
私の知っている限りでは存在しません。
(船井幸雄主幹 月刊誌「ザ・フナイ」2007年10月号より)

パンドラの箱は開けられた

偏ることのない多方面の超プロが
マスメディアには載らない情報を
全8回にわたり、たっぷりとお伝えします。
多くの皆様の「気づき」のきっかけとして
お役立ていただけましたら幸いです。

トップ

「プレ・マスメディアには載らない情報パート2~パンドラの箱は開けられた~」の無料映像公開期限は終了致しました。多くのご視聴とコメントをいただき、誠にありがとうございました。全5回にわたる本講座が2020年2月1日(土)よりスタート致します。本講座の内容は☞こちら☜からご覧いただくことができます。


☞★マスメディアには載らない情報パート1配信から2年!パート1の全貌はこちら☜