森下敬一

2016年11月1日 コラム , , ,

無尽蔵の氣エネルギー…「経絡造血」説を学び、世に広めよ!

無題

氣エネルギー→ソマチッド→血球細胞→体細胞(人体) 宇宙でもっとも強い氣エネルギーは太陽エネルギーであろう。 それを浴びると氣エネルギーは生命エネルギー源となり、さらに生命体となる。 私は、若い頃、ヨガを学んで、その教義…

2016年10月29日 コラム, NEWS! , , ,

STAP細胞の正体 復活!千島森下学説

91LyTuC-5BL

STAP細胞の正体 復活!千島森下学説 「STAP細胞はある……!」 こう断言すれば、嘲笑が返ってくるかもしれない。 それは、もう一件落着。 「存在しない」ことでケリがついている。 だれでも、そう思っている。信じている。…

2016年10月21日 コラム , ,

胎児に必要なのは宇宙から直接入ってくる「氣」エネルギー

0b163dff10033ad4a2a26156a8ab05b5_s

食べたものが血となり肉となる 赤ん坊の場合は、大人と違って、 四次元のエネルギーが身体の中にどんどん入ってきている。 胎生時代というのはまさに半分以上それで生きているような存在であるわけです。 胎生というのは、お母さんが…

2016年10月10日 コラム , ,

森下敬一医学博士~食べたものが血となり肉となる~

cyugoku-morishita

食べたものが血となり肉となる 腸管造血の進化『生体造血現象の二重構造理論』 森下敬一医学博士 通常生活では、食べたものが、 血となり、肉となる。 病気になり食欲がなくなると、 体細胞(肉)が血となり、栄養になります。 こ…

TOPページへ戻る