51コラボTV★この人、イイね! 小嶋真由美さん無料動画インタビュー

小島バナー

六本木サテンドール 小嶋真由美さん

今回ご紹介するのは、老舗ジャズレストラン・六本木サテンドールのスタッフ小嶋真由美さんです。

小嶋さんとジャズとのご縁は深く、生まれた土地がそもそも横浜の米軍基地の近くであったということもあり、幼い頃からアメリカ文化が身近にありました。
そんな環境の中、子ども時代にアメリカ映画に夢中になり、同時に映画で使われる音楽、殊にジャズに対する想いが高まっていったようです。

その後、高校卒業後に就職した大学病院での不思議な出会いにより、初めてジャズを生で聴く機会を得たのが、なんと六本木サテンドールであったそうです。
そこから、サテンドールのオーナーとの繋がりが次第に深まり、今ではこの店のスタッフとして欠かせない存在です。

大好きなジャズの魅力について語る小嶋さんのお話は、様々な意味で味わい深く、人生の機微にも触れる内容です。 サテンドールがさまざまな工夫を凝らして運営されいるのは、ジャズを楽しむことの素晴らしさをお客様と最大限に共有するためだそうです。

先代のオーナーが残した伝統を支えるのはもちろんのこと、新たな時代のジャズシーンを提案し続けるためには、苦労も厭わぬ小嶋さんの、並々ならぬジャズへの想いと決意がにじむ、素敵なお話です。

みなさんのジャズに対する意識が変わるきっかけになるかもしれません。
どうぞご覧ください。

棒

【51コラボTV 小嶋真由美さんインタビュー第1回目】

棒

【51コラボTV 小嶋真由美さんインタビュー第2回目】

棒

【51コラボTV 小嶋真由美さんインタビュー第3回目】


<プロフィール>
横浜市出身 東京在住。ジャズレストラン 六本木サテンドール勤務
大学病院勤務、西洋医学の世界に違和感を覚え退職。カメラマン助手、OLを経て飲食&音楽業界へ。

流行語大賞を受賞した株式会社ルグラン「もつ鍋元気」の通販事業部の立ち上げと、店舗オープンに携わりサービス業未経験で責任者兼店長を務めた後、同会社経営の老舗ジャズレストラン六本木サテンドールのオーナー代理を務める。昨年オーナーの逝去に伴い株式会社ブレーンに経営譲渡。

サテンドールに勤務する傍ら、2011年には再び医学の世界、自然治癒力の探求がはじまり、アロマ、整体、エドガー・ケイシー、神代文字、竹内文書、合気道の開祖植芝盛平と日本初のヨーガ行者中村天風の直弟子との交流、修験道でもある長谷川智氏の骨ナビ受講などの知識を元に、身躰美セルフケアプランナーとして骨とナンバ歩きに注目した「気楽体操」を不定期で開催している。


【六本木サテンドール】
サテンドール1 サラ・ヴォーンがはじめてライブ出演したお店。その模様はNHKでも放映されたり、当時は民法TVで毎日生ライブ中継もされていました。国内外問わずこれまでMJQ、フレディ・ハバード、カーメン・マクレイ、ロン・カーター、渡辺香津美、マリーンなど多数出演。
ジャズの楽しみ方はなんといっても生ライブです。臨場感やプレイヤーのアドリブを是非サテンドールでお楽しみ下さい。

【株式会社ブレーン】

Print