51コラボTV★この人、イイね! 小口昭宣さん無料動画インタビュー

小口バナー

古式腱引き継承者 筋整流法創始者 
小口昭宣さん

「腱引き(けんびき)」をご存知ですか?

「戦場の医学」とも言われるそうですが、

武術さまざまな流派には、人を殺すための「殺法」と、
人を生かすための「活法」が存在していたそうです。

その「活法」として「腱引き」という治療法が体系化されているのです。

戦国時代、「負け戦」の際にはすぐに逃げられる身体に、
「勝ち戦」の際にはすぐに次の戦で戦えるように、戦場という
生きるか死ぬかの「極限状態」で、更に治療する薬も何もない中で
「瞬時」に身体を修復してしまうという大変特殊かつ大胆な治療法です。

なんと、心停止してしまった方を蘇らせる技も存在するそうです!

そのため、各流派に「活法」は存在しますが、
他の流派にその技が盗まれないよう、「口伝」とされ、
現在では完全に「秘伝」となっていずれこの世から消えてしまう可能性があります。

その秘伝の「腱引き」を理論的に体系化したのが「筋整流法」で、
現在では700名のお弟子様が全国にいらっしゃるそうです。

過去に船井幸雄の治療もした事があるそうで、
それをきっかけに「月刊 ザ・フナイ Vol.73」(2013.10月発行)にも

「現代に蘇った幻の『腱引き』日本伝統の手技治療」

として紹介もされておりました。

薬を使わず本人の生きる力を引き出す方法。
そして、「純国産」の療法として、

大変興味深い「腱引き」です。

さらに、昔「飛脚」は一日に100Km以上走り、
3日で江戸から京都まで移動してしまうという…

現代では考えられない身体能力を持っていたと
とらえがちですが、実は、私たちの身体が既に持っている
ある「特長」を応用しただけで、再現すれば現代人でも
それに近づくことができるとか…

当時の人は人体の生理学をよく知っていたんですね。

その辺り、私たちが忘れている「人体の仕組み」
「人体の神秘的な可能性」をお話しいただいております。

ぜひご覧ください。

棒

【51コラボTV 小口昭宣さんインタビュー第1回目】

棒

【51コラボTV 小口昭宣さんインタビュー第2回目】

棒

【51コラボTV 小口昭宣さんインタビュー第3回目】



<プロフィール>
古式腱引き継承者 筋整流法創始者 
代表理事 小口昭宣(おぐち あきのぶ)
古式腱引き療法の最後の伝承者。
プロ写真家としての顔を持ち、富士山百景写真コンテストのプロデューサーでもある。
29歳の時に腱引きと出会い、その効果に驚き、入門。
その後、約20年間に延べ3万人以上を無償で施術しながら、
伝統の技法を整理・理論化して「筋整流法」として確立。
現在、新たな伝承者の育成にも力を入れている。
スノーボードのアジアチャンピオンの他、
さまざまな競技の選手に対し種目や年齢に合わせた調整を行っている。
【HP】http://kenbiki.jp/all.html