プレ・マスメディアには載らない情報 第6回三六九(ミロク)の世と地球王朝

トップ2

ビデオが途中で止まってしまう場合など、インターネットの回線速度やパソコンのスペックによっては、動画が途中で止まったり、再生ができない場合がございます。
恐れ入りますが、一度、動画を一時停止し5分ほどたってから再度、再生をしていただけますと幸いです。
上記でも閲覧できない場合、下記のyoutubeヘルプをご確認してください。
https://support.google.com/youtube/answer/58129?hl=ja

このページの最後に、コメント欄と素敵な特典プレゼントの応募フォームがあります。そちらもお忘れなくご覧ください!

プレ・マスメディアには載らない情報~6つの真実~
第6回目の配信となります。

第6回目は、
表博耀氏です。
「三六九(ミロク)の世と地球王朝」
というテーマで展開して参ります。

表博耀氏は、
船井本社グループならびに、51コラボにて初登場!
注目の見解をぜひご覧ください。
キーワードはこちら!

☑ 三六九(ミロク)の世とは、そもそも何か??
☑ なぜ、国と国を分ける国境ができたのか?
☑ 日本に古来からあった、光一元(こういちげん)の世界とは?
☑ 競争、闘争から共創、融合、進化の時代へ。
☑ 地球と人間をつくった神々は、人間に何を求めているのか?
☑ 情報反乱時代に、どのように生きていけばいいのか?
☑ 日ユ同祖論を超える地球王朝とは?

プレ・マスメディアには載らない情報~6つの真実~。
知っているか?知らないか?で
世の中を眺める目がまったく変わります。
これから徐々に、知られざる表博耀氏の情報を発信して参ります。

このページの最後に、コメント欄と素敵な特典プレゼントの応募フォームがあります。そちらもお忘れなくご覧ください!

~~~講師プロフィール~~~

バベルの塔が崩壊したのは言語の乱れ…世界をつなぐ方法があった!

表

表博耀
1962年大阪市生まれ。「ネオ・ジャパネスク(温故創新)」と題した独自の日本的世界観を表現する神楽や芸術作品展などの事業を各国で展開。
1996年以降は国家間国際交流事業として、イタリア、フランスドイツ、イギリス、韓国、シンガポール、ベトナム、アメリカ、ハンガリーなどで25年間にわたり開催を続ける。
2005年に経済産業省内で発足された「新日本様式(ネオジャパネスク)ブランド推進懇談会」の発起人。
2010年、観光庁「エンタメ観光マイスター」第1号に任命。
2011年、イタリアのオペラハウス ペルゴーラ劇場とコッチャ劇場にて「創生神楽」を公演。
現在、日本国内を中心とした聖地での「創生神楽」の奉納を続けている。
2012年、出雲観光大使に任命。<日本文化伝統産業近代化促進協議会 会長・観光庁エンタメ観光マイスター・出雲観光大使・経済産業省伝統的工芸品産業室(財)伝統的工芸品産業振興協会 産地プロデューサー>

無題

古きを尋ねて新しきを創り出す
★表博耀は、年少の頃から日本の古神道や修験道・古武道などに見られる日本古来の動きや形・作法を学び体得してきました。その結果、本団体の基本であるネオジャパネスク(温故創新)、“古きを尋ねて新しきを創り出す”という考えが生まれ、このコンセプトを基に伝統文化の源である神楽の本流を残しながら、パフォーマンスや振付けを創作し「創生神楽」を創り上げてきました。神楽に見られる、神や自然に対する畏敬の念を奉納する形や表現方法等をそのまま残した、現代の『神楽』に相応しい内容となりました。
当団体は、代表理事の表博晃を中心に1985年旧西ドイツでの初舞台公演以降、国内外20都市に於いて『ネオジャパネスク』と称した独自の理念を伝える為に舞台公演や展示会を行ない続けてきました。この「創生神楽」は、その集大成と言えるべき作品です。 また、2016年秋には、国家祭祀を司る代表的な存在とされている家柄の山蔭氏の継承を拝命いたしました。山蔭氏は国家、世界の大事を司る為、素養を第一として受け継がれ、勅命により、代々霊統継承を歴史としています。
山蔭流創生神楽は、子々孫々と繁栄の営みが繋がる様に、文化伝承と身体健全そして蘇り(御祓)の継承を実践し、世界平和と祈りの実践に寄与して参ります。
◆創生神楽 ホームページより http://www.kagura.jp.net/index.html


映像をご覧になった後は、
ぜひ、下記のコメント欄にトークの感想や
こんな話を聞いてみたいなどをお書きください。

コメント欄に記入する場合は、ニックネームでも構わないので
安心して感想をお書きください。

さらにコメント欄と同じ内容のものを
☞こちらのフォーム☜
から送信してくれた方には
特別に豪華な特典をご用意いたしました。

※2つのフォームに書き込むことになりますが、内容は
同じものをコピーして貼り付けていただければOKです。

コメント欄と同じ内容のものを
☞こちらのフォーム☜
から送信してくれた方への特典は

レノンリー氏がナビゲートを務め
次回配信に登場いただく、表博耀氏にインタビューしている秘蔵音声(後半)です。
ぜひ、何度もお聴きくださいませ。
※フランスでの車中にて収録しております。
お聞きにくい箇所がありますことをご了承くださいませ。

とても公(おおやけ)性の高い内容になっております。
皆様からのコメントを楽しみにしております。

プレ・マスメディアには載らない情報~6つの真実~
【第1回目】飛鳥昭雄&船井かおり~「マスメディアには載らない大切なこと」~
【第2回目】長堀優~「日本の夜明けは世界の夜明け」~
【第3回目】小西温子~「生命の樹(カバラ)と受け取りの法則」~
【第4回目】丸山修寛~「フラワーオブライフと生命の樹(カバラ)」~
【第5回目】レノンリー~「生命の樹(カバラ)と人体」~
【第6回目】表博耀~「三六九(ミロク)と地球王朝」~

動画の感想を下記のコメント欄にぜひお書きください。

==========================
次のステップでコメントの投稿をお願いします。

1.下のコメント欄よりコメントを書く。
2.コメントをコピー&ペーストして特典の申込フォームより特典を受け取る。
☞こちらのフォーム☜
==========================

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。

※コメントが本サイトにより不適切と判断された場合は、削除されることがあります。

31件のコメントがあります

  1. hirotoumi より:

    地球連合の一助となりたいです

  2. max より:

    白と黒ではない、光一元 胸にささりました。
    現在に至る世の流れ、納得です。

  3. より:

    「競争から共創」初めて聞きましたが素敵な言い回しですね

    ちなみに「情報反乱時代」→「情報氾濫時代」では?

  4. コスモラビット より:

    表先生、ミロクの世界実現のお話をありがとうございました。創生神楽を実際に五感で見たいと強く思いました。

  5. アリス より:

    初めて聞くことなので、もっと知りたいです。

  6. maori より:

    『考える』という行いについて考えさせられました。

  7. はくりゅう より:

    369なのですね。
    最近思うのは、案外色々な事は、
    数字に置き換えられそうな感じがします。

  8. ミクマリ より:

    とても心に入ってきました
    自分と他者をわけるのではなく、
    繋がっていく地球連合  

    目に見えない世界を元にして
    創造していく事をやっていける世の中になる
    とても明るい未来を感じ自分に出来ることがあるんだと元気が出ました
    ありがとうございます。

  9.  アミ より:

    滑舌よく解りやすい話はとても面白く安心して聞いてられます。特に光に黒がある話が面白かった。

  10. kazu より:

    ミロクの世について、
    とても分かりやすかったです。
    ありがとうございます。

  11. ホウザン より:

    近未来の世がミロクの世界に入っていく様子をお聴きしまして、この地球が私もそのような世界になりますようにと
    願います。壮大な理念が現実になるには、まだ一山ふた山越えていかねばならないと思います。
    理解した人から実践して参りたいと思います。

  12. しんいち より:

    他者のために祈る。自分は今まで自分のためにばかり祈っていたことに気が付きました。

  13. モロサン より:

    皆の祈りと、感謝がミロクの世が出来る。

  14. 大西 より:

    存在しているものには、全てに存在意義がある。それをしっかりと意識して全てにつながっていきたいです。

  15. のにのら より:

    「みろく」という言葉の響きがいいです。

  16. 根本 学 より:

    ミロクの世とはイザワノミヤのことと感じます。

  17. 藤岡 より:

    存在するものには全て意味がある。心に刻みたいと思います。他者の為に祈るミロクの世にふさわしいものになりたいと思います。

  18. kazuko より:

    意識体でつながる世界、新しい社会制度。
    胸に光が宿ります。

    どういう方向に向かって行動を起こしていくのか、イメージがほのかに見えて、嬉しくなります。

  19. T より:

    言うは易し・・・というか、
    概念以前に実感なり実践なりして後でないと
    他者に伝達する機会すらないか?
    ということを御本人が実証しておられるように
    観られました。

    ありがとうございます。

  20. こころとからだ より:

    白か黒か。善か悪か。二元論であつかえるものだけあつかう教育を受けてきたと思うので、カウンター的に、白でもなく黒でもない、善でもなく悪でもないっていう部分のことを、考えたいと思いました。

  21. GREEN より:

    いよいよ、内面による改革の時代ですね♪
    外側をどうにかしようとするのでなく、人間自身が内から変わる…
    内面の意識に国境はありませんね。

  22. あお より:

    非常にわかりやすい語りでミロクの世の具体的なイメージが湧きました。宇宙連合に初めて加入(?)する地球人になりたいです!日々の小さなことから実践ですね。

  23. TK より:

    ミロクの世に向けて我々はどういう姿勢で望めばよいのか、少し考えたくなりました。

  24. トラ より:

    これから自分が何をしていけるか
    考えたいと思います。

  25. ニワトコ より:

    まずは、他者のために祈ること。感謝すること。大変勉強になりました。早く競争から供奏の社会になればいいですね。

  26. Akamatsu より:

    ミロクの世について分かり易くイメージできました。
    他者への祈りを実践できるようにしていきたい。
    有難うございました。

  27. you より:

    白でも黒でもない。すべて中性、中和とかそういうことに繋がることが多いんですかね。パスポート、ピザがなくなれば地球家族に近づいた感じですね。

  28. keishin より:

    他者の為に祈る事を、実践したいと思います。
    ありがとうございました。

  29. honda より:

    非常に丁寧な説明だったのですが
    知識不足で理解しきれませんでした。
    ですが、もっと知りたい思う興味が湧いたので
    これを機に融合できるよう努力していきたいと思いました。

  30. ガーデン より:

    白黒ではなく、これからは意識体でつながっていく、他者への祈りと行いがミロクの世を作るのですね。貴重なお話をありがとうございました。

  31. あかね珊瑚 より:

    地球もみずからの波動をあげているという今、自分の本質の理解をさらにさらに深めていきたいと思いました。
    ありがとうございます。