51コラボTV★この人、イイね! 今泉岐葉さん無料動画インタビュー

今泉バナー

楽書家

今泉岐葉さん

今回は、楽書家という、たいへんユニークな肩書きで活躍されている、今泉岐葉さんをご紹介します。

筆書きには、墨の濃淡やかすれなどの技術により、ペンや万年筆には出せない、たくさんの表情や空気感などの表現ができるという特徴があります。

今泉さんはその特徴を生かした無限の可能性を自由な発想で追求しつつ、自らが楽しみ、観る人を驚かせてくれるという、たいへん魅力的かつ親しみやすいアーティストです。

首都圏二ヶ所で教室を運営、カルチャー教室でも講師を勤める今泉さんですが、そのほかにもライブパフォーマンス、オリジナルの商品開発、英語と日本語のコラボ作品の製作といった幅広い活動を通して、その世界を豊かに膨らませています。

映像の中で、即興でいくつかの文字を書いてくれますので、会話を楽しみながらそこに鮮明なイメージがみるみるうちに生み出される様子を、ぜひお楽しみください。

文字を楽しむことは、人生を楽しむことでもあると語る今泉さん。

イキイキとした表情と声は、たくさんのヒントをあなたにに与えてくれることでしょう。

ぜひご覧ください。

棒

【51コラボTV 今泉岐葉さんインタビュー第1回目】

棒

【51コラボTV 今泉岐葉さんインタビュー第2回目】

棒

【51コラボTV 今泉岐葉さんインタビュー第3回目】

<プロフィール>
楽書家・今泉岐葉(Rakushoka KIYO-IMAIZUMI)
楽書とは、言葉のイメージに合わせて筆文字を表現する、デザイン&アート書道です。
千葉大学にて高校書道科教員免許を取得。教育関係の出版社(ベネッセ)で編集・立体教具の仕事をする。
2005年に「楽書家」として仕事開始。
現在 「岐葉の楽書塾」を銀座、柏、我孫子で開講。カルチャーセンター講師。日本デザイン書道作家協会正会員。(現在、副理事)
写真とのコラボ、英語と漢字を合体させたE漢字(イー漢字)など、自由な書の表現を開拓中。商品ロゴ、店舗ロゴ、本やCDタイトル、インテリア書、書道パフォーマンスなど活動は幅広い。バイクに乗って旅先で書を風景とコラボするという独自のスタイルで、バイク雑誌に連載中。
(株)ハーレーダビッドソンジャパンのポスター。筑波サーキットのグッズロゴ。
レジェンドライダー平忠彦氏「ニッポンバイク旅」表紙題字。バイク車体にデザイン。チームロゴデザインなど、バイク関係の仕事も多い。
(株)吉乃川の日本酒ラベル「中汲み」「朱鷺」「鷲頭」「杜氏の晩酌」
料理の鉄人、笹岡隆次氏の新丸ノ内ビル「笹岡」にインテリア書「心」を揮毫。
ドイツ、ニューヨークでグループ展。
2014年8月5日~27日、銀座の永井画廊にて「~北原照久の今日の言葉を楽書に~楽書家・今泉岐葉展」を開催。 
書道パフォーマンスは、そごう、イオン、結婚披露宴、震災復興イベントなどで経験多数。楽器や歌や花や茶道などとコラボレーションも。
毎日休まずFacebookに作品投稿を4年間続けている。

【今泉岐葉HP:http://www.rakushoka.net】
【今泉岐葉フェイスブック:https://www.facebook.com/kiyo.imaizumi?fref=ts】