ヒーラー町田明生晴のスピリチュアルと農業の幸福な出会い②

2015年8月5日 コラム

machida-1

今、私たちは、
山梨県のNPO「えがおつなげて」さんと、
コラボレーションで、クリスタルファーム
という小さな体験農場を運営しています。

日本には耕作放棄地といって、
田畑として放棄され、荒れ果てて林や森の
ようになった土地があります。

そこを田畑に戻すことは、山の土をそのまま農地に使わせていただくようなものです。

ご存知の方も多いと思われますが、絶対に不可能と言われた
無農薬リンゴの栽培に成功した『奇跡のりんご』の
著者、木村さんのあるお話があります。

無農薬のりんご栽培に行き詰った時、
なぜ、山では農薬も肥料もなしに、
あんなに立派に木が繁るのか?

と、疑問を持たれたそうです。

それから、木村さんは畑の土を
山の土に近づけようとした。

それが、
奇跡のリンゴ誕生の大きな
ポイントのひとつだそうです。

町田1

開墾農法では、十年以上放置され、山の森に戻ってしまった土地を、もう一度農地に再生して作付けをします。

まさに、超自然農法。

もちろん、無農薬、無肥料で、
土、水、土地と対話しながら、作る作物は、
都会で忘れかけた私たちの生きる力の遺伝子を
ONにしてくれます。

そして、開墾を体験することは、
自然農法を体験することに、とどまりません。

チームで荒れ地に向き合うことが、
家族やコミュニティのチームビルディングの
本質に、つながることを、体験していただけます。

そのあたりは、また次回!

※NPO「えがおつなげて」と町田明生晴先生のコラボレーションはこちら。
  ↓     ↓
http://www.chaj.jp/crfarm/

町田明生晴さん

クリスタル・ヒーラー
町田明生晴さん

<プロフィール>
社団法人日本クリスタルヒーリング協会(JCHI)代表理事。クリスタル ヒーリング アカデミー ジャパン校長。地球が蘇生し、すべての命と存在が調和する地球で生きるビジョンキーパー。人類の集合意識が調和の方向へ変わるために、一人一人の意識の変容をサポートするヒーリングワークの開発と実践を続けている。ヒーリングをホリスティックな全体として取扱い、スピリチュアル、心理学、哲学、神学、進化学、生物学、生理学などを統合した実践的な理論を追求し、本当に役立つヒーリングを実践している。  統合されて地に足がついた実践ヒーリングを行い、伝えることが信条。日本クリスタルヒーリング協会(JCHI)認定上級インストラクター、認定上級ヒーラー、英国クリスタル&ジェムセラピスト協会(ICGT)日本支部インストラクター、英国クリスタルヒーリング団体連盟(ACHO)公認講師、グリーンマンエッセンス 認定インストラクター、カラーヒーリング 認定インストラクター、ルーンリーディング 認定インストラクター、レイキヒーリング マスター

クリスタルヒーリングアカデミーHP   http://www.chaj.jp
クリスタルヒーリングアカデミーブログ http://belleaile.blogspot.jp