豊かな表情が、自分も周りもハッピーにする

2015年8月1日 コラム

出口写真

こんにちは。

国際セルフエステアカデミー代表理事の、出口アヤです。
“自分で自分をキレイにする”セルフエステを通して、心と体の健康法を伝えています。

2回目のテーマは、「豊かな表情が、自分も周りもハッピーにする」です。
私のお伝えしている“セルフエステ”とは、お顔の中にある筋肉(表情筋)に働きかけ、シワやたるみを解消するというものですが、同時に豊かな表情を作り出すものでもあります。

お顔の中には、30種類以上の筋肉があり、それぞれが相互に働くことで、複雑な表情を作り出す事ができます。

この表情筋の働きが鈍り衰えると、シワやたるみの症状へと繋がるのです。それだけではなく、いい表情ができず、対人関係で大きな損をすることもあります。

初対面で好感を持たれるには、印象の良さが必用です。
人は初めて会った相手の、どこを見て印象を決めるのでしょうか?
初対面で、相手の顔を見ずに話す人は、いませんよね?
相手はあなたの表情を見て、「感じが良さそう」「悪そう」と判断するのです。
あなたは、しかめっ面で表情が変わらない人と、ニコニコ微笑んで表情豊かな人と、どちらが仲良くなれそうですか?
もちろん、表情豊かに、ニコニコ微笑んでいる人ですよね。
顔は、社会において大切な名刺代わりです。
ですから、この表情を生き生きとし、好印象の表情をつくることによって、人間関係も円滑になるかもしれません。

現代はパソコンやスマートフォンの普及により、人と会話する機会も減っているように思えます。
対面で人と接する機会が減る事で、表情筋を使う頻度も低下します。
意識して表情筋を鍛えて使わないと、筋肉はガチガチに固まってしまい、いざ表情を作ろうとしても、顔の筋肉が動かなくなるのです。
カメラを向けられて、笑顔を作ろうと思っても、「口が動かない」なんて経験はありませんか?

表情筋を和らげて、自然な表情を取り戻す事は、自分の印象を良くするためにも大事なことなのです。

顔のよし悪しとは関係なく、無表情の美人より、表情豊かな人の方が、数倍も魅力的に見えます。

豊かな表情は、相手に対して、「あなたを受け入れていますよ」「あなたといる事が楽しいですよ」という感情を、自然と相手に伝える事ができます。
言葉を交わさずとも、相手に対して好意を伝えることができるのです。

もしあなたが、周囲の環境を明るくしたいと思うのなら、豊かな表情を使り、周囲も自分もハッピーにする方法を身につけましょう。
すると、人脈が広がったり、あらたなご縁をいただいたり、自分でも驚くほどの幸運が舞い込むかもしれませんよ。

出口アヤ

出口アヤさん

国際セルフエステアカデミー代表理事。
年会費600万円の会員制エステで店長を経験した後、麻布十番でエステサロンを開業。20年のキャリアの中で、トータル 20,300人を施術。プロセラピスト養成は200人以上を超える。エステの他に、アロマセラピー、リフレクソロジー、リンパ、経絡、痩身、リラクゼーション、マタニティマッサージ、ベビーマッサージ、東洋医学、、気功、心理学など、美容と健康に関する様々な技術を、マスター。独自で編み出した即効性と、確実に変化をつくる技術を持つことから次世代ゴッドハンドと呼ばれ、女性誌やメディアで活躍する。

しかし、2011年に発症した手の持病により、施術者の道を断念。その後、お客様が自分で維持できるノウハウを伝えようと、独自のセルフエステ技術を確立。多くの実体験から生み出した手法は、たった3分でシワやたるみを消去できると評判になり講座開講3ヶ月で、350名の受講者が殺到する。

現在は、国際セルフエステアカデミーを設立し、セミナーや講演活動で、美と健康の普及に努めている。

国際セルフエステアカデミー http://self-esthe.com/

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る