天使を数霊(44と35)で見ると役割がわかる

2016年9月10日 コラム

c811c8ca13fd7c8de3b1820a2d35bdbf_m

天使を数霊(44と35)で見ると役割がわかる


天使は、
あなたをよりよい方向へと導いてくれる、高次元のエネルギー体です。
天使のサポートを受けると、自分の力で楽しい人生を創って行くことができます。

そのことは数字にも現れています。
「天使」を数字で見てみましょう。

天使というのは日本語なので、数霊で見てみます。
てんし = 44 または 35 です。
「44」には、宇宙の美しさとバランス・調和・縁(えにし)・一体といった意味があります。

さらに
「33」には、変化を促して統合へ向かうエネルギー。
意識が統合されて広がっていくという意味があります。

このことから、天使とつながる(縁を深める)ことは、
宇宙の美しさとバランスを自分の中に取り入れ、
一体になり、いい方向への変化を促す。

となります。
では、天使を[angel」で、数秘術で見てみるとどうでしょう。

angel = 21(2+1)=「3」になります。
「3」には、コミュニケーション・楽観的・三位一体・自己表現と、バランスのエネルギーです。
天使たちとコミュニケーションをとると、
自分の意識や状況、人生のバランスがとれ楽しみながら、自分の人生を生きて(自己表現して)いける。

となります。

どちらで読んでも、天使とつながることで、あなたらしいたのしい人生が送れるのは間違いないようです。

~数字波動研究家 鈴木みのり先生よりメッセージ~
                                                           


                                         

★バースデーヒーリングは、21世紀の魔法!
医療法人社団 丸山アレルギークリニック院長 丸山修寛先生、
月刊誌「ザ・フナイ」人気連載中の 長典男先生、
数秘術、数霊、誕生数で
魂の使命を明らかにする数字波動研究家 鈴木みのり先生 登場!

幸せ、健康、人生好転のカギを握るのは、自分のことを好きか、否か?
総勢7名の「愛」と「健康」のスペシャリストが登場する
2日間のイベントが大阪上陸!
【9月10日、11日開催】
お申込みはこちらから!
   ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?page_id=4768
無題
無題.jpg2


丸山修寛

丸山修寛さん

1958年兵庫県芦屋市に生まれ。山形大学医学部卒業。宮城厚生協会坂総合病院、東北大学病院第一内科、仙台徳州会病院を経て1998年、丸山アレルギークリニック開院。東洋医学と西洋医学に加え、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療法には定評があり、独特の治療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。治療のモットーは「自分だけの喜びは、どんなに頑張ってもたかが一人ぶん。他人(家族・友人・患者さんなどの自分以外の人)も幸せにすれば喜びも自分の分もプラス人数分になる。そうすれば無限大まで喜べる」。著書に『アトピーのルーツを断つ!!』(ホノカ社)『500年の時を経てついに明かされたダ・ヴィンチの秘密』(幻冬舎ルネッサンス)、『奇跡のマンダラシール』 (マキノ出版)など。


鈴木みのり

数字波動研究家
鈴木みのりさん

子供のころから、人をみると心の奥底の感情がわかるのはもちろん、持ち物や文章からでも、その人の性格や感情がわかる体質。物や文章からその人の感情や性格がわかったりするのも自分だけの特殊な能力だと気づき始めたのは、阪神淡路大震災以降のこと。それなら自分の能力を活かそうと、ヒーリングの世界に入ることを決意。2003~2008年には、毎日放送テレビに出演のほか、産経新聞やラジオ「ありがとう浜村淳です」の占いコーナーを担当。2011年に日本の神様である「くくり媛」と名乗るエネルギー体とコンタクトが始まる。2013年から、数字を通して宇宙とつながることや、菊理媛のメッセージを伝える活動を行っている。2014年にはスピリチュアルマガジン「anemone(アネモネ)」に掲載。2015年に、サンマーク出版より【宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ】を出版。
鈴木みのりHP  http://life-therapy.biz/
鈴木みのりブログ http://ameblo.jp/supi-suhijutu/