人生、経営、健康…すべて自分が決めていた…正四面体と創造意志

2016年8月9日 NEWS! , ,

SierpinskiTriangle

人生、経営、健康…すべて自分が決めていた…正四面体と創造意志


行列のできるお医者さん
医療法人社団 丸山アレルギークリニック院長
丸山修寛先生と

月刊誌「ザ・フナイ」人気連載中の
長典男先生の

夢の対談が先日の第7回ヒューマンカレッジで実現しました。
開催テーマは、「病気になる根本理由と最新医療の今」。

対談の前に上記テーマで先生方それぞれ講演の時間があったのですが、
奇しくも同じことが取り上げられたのです。

それは…「ピラミッドと正四面体と創造意志」。

次から次へと新しい治療方法を発見し、
独自にアレンジし、現場で試行錯誤を重ねる丸山修寛先生は、
その新しい治療方法を

「見えない世界」

から取り入れています。つまり、病気など

「目に見える結果の世界」は、

「目に見えない原因の世界」

がつくっているという持論が柱になり、その世界の研究に余念がないのです。

そこで、今回の対談相手になった長典男先生はまさに、「見えない世界」のプロ。
例えば、病気の原因をつくっていると考えられる、
人が頻繁に持つ感情、
怨み、妬み、辛み…等々、
それは、生き霊となって

相手に大きく影響を及ぼすわけですが、そのような対処策を持っているのが長典男先生です。
例外なく誰しも、原因不明の体調不良や病気の経験はあると思います。
おそらく薬や食の改善だけでは、どうもよくならないなと感じること…。
そのような目に見えない世界に科学的にアプローチする方法は、
今の西洋医学には決定的に欠けています。

時代は分離から統合へ。
結果の原因である見えない世界を無視できないことが、対談をご覧いただくとわかります。

医者と見えない世界のプロのコラボレーション対談で繰り広げられたキーワードは以下です。

「ピラミッド構造の本体とは?」
「シェルピンスキーのギャスケット」
「物が腐らず、願いが叶う正四面体」
「3と4の数字で森羅万象ができている」
「右巻きと左巻きの螺旋交差技術は密教にも伝わる秘伝」
「般若心経には祈りと呪いがある」
「神社でも教えられない物事の発生原理」
「セブンメタルとシンキングボール」
「未来の医療のカギは音」
「音を使う摩祓い」
「魂のノイズを消す周波数とは?」
「ハフリとクームは空間のコントロール技術」
「意識を使って病状を消す研究」
「トーラスエネルギーとゼロ地場」
「現代科学の上の次元の科学とは?」
「恨めしやと正四面体」
「5分間の死亡体験で見えたもの」
「マンダラでの治療結果」
「マンダラはもともと魂のカタチ」
「類を見ない直霊(なおひ)と会話するカウンセリング」

…等々。

医者と見えない世界、異なる分野のプロのコラボレーション!
このような全く異分野と今までは考えられてきたことも、それを切り離さず、ありとあらゆる見地を網羅し、
客観視していくのが「統合」の時代の特徴です。

収録映像(57分15秒)は、
オンラインサロン「スーパーサミット」のみの限定公開です。
映像の内容につきましても、ご質問されたいことがありましたら、どしどし自由にご投稿可能です。
    ↓  ↓  ↓
——————————————————

★最新!第7回ヒューマンカレッジ!

医療法人社団 丸山アレルギークリニック院長
丸山修寛先生と

★月刊誌「ザ・フナイ」人気連載中の
長典男先生の夢の対談が実現!

対談収録映像【57分15秒】は、
オンラインサロン「スーパーサミット」に限定公開スタート!
   ↓  ↓  ↓
https://synapse.am/contents/monthly/funai

——————————————————


[月刊誌「ザ・フナイ」とは?スーパーサミットとは?3分7秒でわかる動画]



~長典男氏が『ザ・フナイ』で発信する情報~
http://www.funaimedia.com/parson/parson.html?data_id=298
地球未来~新創造の時を迎えて~

・「女性性の時代」の誤解を解く
・ピラミッド型からの太陽系型へ
・世界のはじまりとパラレルワールド
・エドガー・ケイシーからのメッセージと未来を変える方法
・知られているようで意外と知られていない「死後の世界」
・自愛の意義
・川内原発再稼働容認に思う
・マインドコントロールと学校が教えてくれない歴史
・神と宇宙人、地底人、そしてマインドコントロールの話
・すでに人口淘汰が始まっている!?今、人類に迫る危機
・人類淘汰の危機~カタストロフィー理論と日本の役割~
・人類が迎える危機「水問題」~水不足、環境破壊と異常気象~
・男性性の終焉2015 ~男性性から女性性の時代へ~
・女性性国家・日本が 世界平和のために進むべき道
・愛情不足のメカニズム/ 人類が迎える危機〈食の危機〉
・何が真実であるのかを見極める
・戦後70年、 両極化する日本
・安保法成立で 日本が失ったもの
・再・愛情不足/ 神代文字についての考察
・神代文字から見えてきた1万5000年前の国家


長典男氏プロフィール
1957(昭和32)年、群馬県太田市に生まれる。
1972(昭和47)年、中学3 年生の時、
偶然立ち寄った護国寺で出会った高野山(こうやさん)の高僧に導かれ、
和歌山県の高野山にて、真言宗金剛峯寺派の「裏高野」の僧侶として修行を始める。
22歳で還俗。一般の社会人として企業に就職するかたわら、
「見えないものをみる力」を生かし、
悩める人の相談に乗ったり、必要に応じて情報提供をしてきた。

著書
『富士は晴れたり世界晴れ』(ヒカルランド)
51P84EUM2jL















『あまりに不都合な《歴史トラブル》』(ヒカルランド)
81MaDXT2laL

















月刊誌「ザ・フナイ」
CH0319