病気が良くなった人たちの共通点は何か?地球の変化と生きる場所

2016年7月8日 コラム ,

無題

病気が良くなった人たちの共通点は何か?地球の変化と生きる場所


~方位磁石が狂う場所では、
異常な磁場(磁気)が発生しています。

異常な磁場(磁気)は
WHO(世界保健機構)で発癌性があるとして、
その危険性が指摘されているものです。

私は、これまで異常な磁場が発生している場所にいるために

癌だけでなくアトピー性皮膚炎、
関節リウマチ、
気管支喘息、
高血圧、
糖尿病、
神経症、
うつ病、
統合失調症、
自閉症、
不眠症、
片頭痛、
黄斑変性症、
網膜剥離など

さまざまな病気になってしまった人たちを
嫌というほど見てきました。

そして、
方位磁石が正しい方位を指す場所に移っただけで、
病気が良くなった人たちをかなりの数見てきました。~

行列のできるお医者さん、
医療法人社団 丸山アレルギークリニック院長
丸山修寛先生の

治療の現場での最新のレポートです。

——————————————————

★地球から発せられるサインをキャッチする新医学!
医者と審神者の希有なコラボレーション
あなたの生きる場所、殺される場所がすぐわかる。

第7回ヒューマンカレッジを開催間近です【7月10日(日)】
    ↓    ↓    ↓
http://51collabo.com/?shop=hu0710

——————————————————

丸山先生が言及しているのは、

「生きる場所」と

「殺される場所」

があるということです。

その場所に強く影響するのが

地球の地磁気の減少。

地磁気はその名の通り磁気ですので無味無臭、

目にも見えない力なので、普段の生活で気に留めることはないと思います。

いま、この地磁気が年々弱まっていることで、
私たちの健康状態に悪い影響を及ばす可能性がある……

と言われたらどうでしょうか?

そんな地磁気のことをもう少し勉強しようと思っていた矢先に、

茨城県石岡市にある気象庁地磁気観測所で
一般公開「見学デー」が開催される情報を
弊社の社員が見つけ、早速行ってきたのです。

地磁気観測所は、
石岡市の自然あふれる中にそっとたたずんでおり、
大正14年に建てられた第一庁舎が
私たちを迎えてくれ、なんとも趣のある環境でした。

地磁気は

私たちの生命活動を守る上で
大変重要な役割をしていて、
太陽から照射される有害な宇宙線を
地磁気がバリアーとなって守ってくれていること。

その宇宙線が地磁気の流れに乗って
北極などの極部分へ集まることでオーロラが発生すること。

地磁気を測定するうえで位置の基準となっているのが
「北極星」で、
地球の地軸と北極星は微妙にずれているため、
厳密に言うと北極星は真北ではないこと、

北半球で使っている方位磁石は南半球では正常に反応しないこと……などなど、

新しい発見がたくさんありました。

さまざまな実験や歴史の展示があり、その中に、

“ここ200年間で地磁気が弱まり続け”

その現象が加速している様を説明した展示がありました。

このまま続くと1000年後にはゼロになる…。

この地磁気の減少と私たちの健康との関係性は、
まだはっきり研究されていないようですが、

その関係性にいち早く気づき、実際に治療へ応用している方が、

丸山先生です。

丸山先生は、電磁波と病気の関係性を追求しているうちに、
電磁波対策だけでは解決できないケースにたびたび遭遇しているうちに

「地磁気」

の影響へたどり着いたようです。

前記の最新レポートにも、その検証結果が表れています。

つまり、

「生かされる場所」と

「殺される場所」

があるということ。

この度、舩井幸雄が立ち上げ、
そして積年の年数を経過し、
復活して第7弾の今回のヒューマンカレッジは、

医者と審神者の希有なコラボレーション企画となりました。

テーマは「地球から発せられるサインをキャッチする新医学」

地球から送られてくるメッセージを医療の現場に生かす、

医療法人社団 丸山アレルギークリニック院長
丸山修寛先生と

月刊誌「ザ・フナイ」人気連載中の
長典男先生の共演です。


現代医学で見放された患者を救う医師・丸山修寛氏
最新セミナー&DVD情報!

★★地球から発せられるサインをキャッチする新医学!
医者と審神者の希有なコラボレーション

大人になっても学びに終わりなし!
新しい生き方を実践しよう!
第7回ヒューマンカレッジを開催間近です【7月10日(日)】
    ↓    ↓    ↓
http://51collabo.com/?shop=hu0710

★★丸山修寛氏の「奇跡の講座」がDVD化!
健康でありたいあなたに贈る5つの新・医学メソッド
あなたは今、全く新しい医学を体感する!
 ↓    ↓    ↓
http://51collabo.com/?shop=fm1009

丸山修寛

丸山修寛さん

1958年兵庫県芦屋市に生まれ。山形大学医学部卒業。宮城厚生協会坂総合病院、東北大学病院第一内科、仙台徳州会病院を経て1998年、丸山アレルギークリニック開院。東洋医学と西洋医学に加え、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療法には定評があり、独特の治療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。治療のモットーは「自分だけの喜びは、どんなに頑張ってもたかが一人ぶん。他人(家族・友人・患者さんなどの自分以外の人)も幸せにすれば喜びも自分の分もプラス人数分になる。そうすれば無限大まで喜べる」。著書に『アトピーのルーツを断つ!!』(ホノカ社)『500年の時を経てついに明かされたダ・ヴィンチの秘密』(幻冬舎ルネッサンス)、『奇跡のマンダラシール』 (マキノ出版)など。

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る