国民投票という魔物

2016年7月5日 コラム , ,

512fe7725ee5b542f328fdf89703530a_s

国民投票という魔物


~7 月 1 日日経新聞
「大機小機~国民投票という魔物」というコラムが掲載されている。

『今回の投票結果から何を読み取るべきか、少しずつ見えてきたように思う。
何より国民投票が
政治家に利用されやすい危険な性質を持っていることが分かった。

国民投票は、
たった 1 度の投票で国民に賛否の決断を迫る。

大多数の国民は投票のテーマに精通しているわけでなく、
声高な政治家の声に耳を傾けがちだ。

今回の国民投票を決めたのは、
EU 残留を主張するキャメロン現首相だ。

保守党内で EU の不満が強まってきたことへの対抗策として
国民を見方につけようしたと見られている。

翻って日本では 7 月 10 日に参議院選挙がある。
アベノミクスは厳しい局面にあるが、
野党は説得力のある対策を提示できていない。

経済政策は争点にならない。

実は「経済」以外に私たち国民は重要な判断を迫られている。
憲法改正の発議に必要な議席の 3 分の 2 の確保を自民党など改憲派に許すのか。

そうなれば、その先に国民投票が想定される。

「EU って何?」

と検索していたイギリス国民が国民投票で決めた EU 離脱。

日本でも「憲法改正って何?」と検索する
日本国民が国民投票で重大な決断をすることも近い将来、予想される。

イギリス国民も日本国民も、
その後の重い代償を負うことへの意識がないままに決定する
「国民投票」は使い方によってはまさに「魔物」としか言いようがない。・・・


~2016年7月4日配信「生活防衛の教室」第233回より~
コラムの続き、
★「国民投票という魔物
★今回の世界同時株安は「リーマンと違う」
★「売り」圧力が「買い」の 2 倍に達した異常を示す「プットコールレシオ」

塚澤健二先生のオリジナルデータ付きレポート&解説音声の全貌はこちら!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop_tag=shop_tag02_sub01


★新著出版記念セミナー収録CD発売開始!
「生活防衛の教室」セミナーはいつも変化点!【5月28日(土)開催収録分】
消費増税見送りで日経平均17000円大台!
  ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=tscd0528
※開催約1週間を目途に発送させていただきます。


★塚澤健二新著「未来からの警告!2017年超恐慌時代の幕が開く」
Amazon新着ランク1位!
経済ジャンル・ベストセラー1位!

TS0528


2016年夏、最後のバブル終焉。
第二のリーマン・ショックはじまる!

この秋から2017年にかけて、
リーマン・ショック並みの経済混乱が噂される中、
今後の世界経済はどうなるのか?
選挙をにらんだ夏までの日本株上昇相場、原油の反転、ユーロ危機再燃など……、
秋までの驚愕の展開を、著者独自のT2モデルで予測。

「原油は反転! 石油メジャーの次なる一手」、
「ヨーロッパ初の危機、グレンコアに注目」、
「新ドルの可能性」など、ほかでは読めない情報が満載!

あなたの資産防衛にきっと役に立つはず・・・!
(日経平均、NYダウ、ドル/円、ユーロ/円、WTI、金価格など、独自のT2モデルで予測したチャートも掲載)

第1章 第二のリーマン・ショックは2016年にはじまる
第2章 世界の金融緩和リレーと日本のマイナス金利
第3章 欧米にくすぶる経済危機の火種
第4章 暴落から反転、年内には強気相場入りする原油
第5章 近づく米国主導のルール変更のとき
第6章 悩める中国の実態
第7章 最後のバブルが、ゆうちょ銀行とGPIFを追い込む
第8章 個人の資産防衛、有効な投資&資産整理はいかにすべきか?

    ↓  ↓  ↓
amazon購入キャンペーン申し込みはこちら!
注目の「パナマ文書」に関するサンプル音声も必聴!

塚澤健二

塚澤健二さん

北海道大学工学部卒。
理系出身アナリスト第一期として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。
「本物のプロフェッショナルによる本物の運用の時代」を予期し、07年10月に投資顧問会社T-Modelインベストメント株式会社を設立。ファンダメンタル・アナリスト時代からの「T-Model」分析に加え、物理学を応用し3次元で相場を分析する「T2」モデルを開発。独自の予測モデルによる的確な予測を提供している。著書に『そして大恐慌が仕組まれる』がある。

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る