英 EU 離脱ショック

2016年6月28日 コラム , ,

1c673f0b8cbb1901561e9ebe47b05606_m

英 EU 離脱ショック


~欧州連合(EU)離脱の是非を問う英国の国民投票は 24 日、
52%の投票者が EU 離脱に、48%が EU 残留に投票した。

直近の世論調査で残留が離脱を上回り、
また、過去のスコットランド独立をめぐる国民投票や
総選挙の時に的確に結果を予想していたブックメーカーのオッズも圧倒的に EU 残留を予想。

にも関わらず、蓋を開けてみると楽観的な見方と正反対となり、
開票が進むにつれ、
ポンドの対ドル為替レートはオーバーナイトの高値である
1 ポンド=0.16 ドル近辺から 1.34 ドルに沈み、
年初来の高値から 1985 年の「プラザ合意」以来、
約 31 年振りの安値水準に急落。

また、世界同時株安の「英 EU 離脱ショック」となり、
1 日で英 GDP を上回る 3.3 兆ドル(約 330 兆円)もの時価総額が消失した。

「現状維持か、破壊か」。

英国民は今回、「破壊」を選んだことになる。
米大統領選挙もヒラリーが現状維持なら、
共和党の指名獲得を確実にした実業家トランプ氏(70)は破壊。
英国民投票の流れが続けばトランプ米大統領も現実味を帯びてくる。・・・

・・・このように今回の英 EU 離脱は実現まで最低でも 2 年はかかると言われているが、
それなのに何故、世界の株式・為替マーケットはこれほどまでに動揺したのだろうか?

その答えはデリバティブにある。
世界で 2 番目に大きな下落を見せたのがドイツ株式市場。

ドイツ銀行のデリバティブ保有残高は
ドイツ GDP の 20 倍に匹敵する 55 兆 6000 万ユーロ、
円換算で 7000 兆円に膨れ上がっていると言われているためである。

マーケットが動揺すると損が発生し、
ドイツ銀行の損害がドイツ政府にも波及することを想定した動きだろう。

仮に、このドイツ銀行のデリバティブの一部でも破たんすれば、連鎖して世界中に・・・


~2016年6月20日配信「生活防衛の教室」第232回より~
コラムの続き、
★英 EU 離脱ショック
★『裁定買い残 4 年振り低水準』の悪材料をどう感じるか?

塚澤健二先生のオリジナルデータ付きレポート&解説音声の全貌はこちら!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop_tag=shop_tag02_sub01


★新著出版記念セミナー収録CD発売開始!
「生活防衛の教室」セミナーはいつも変化点!【5月28日(土)開催収録分】
消費増税見送りで日経平均17000円大台!
  ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=tscd0528
※開催約1週間を目途に発送させていただきます。


★塚澤健二新著「未来からの警告!2017年超恐慌時代の幕が開く」
Amazon新着ランク1位!
経済ジャンル・ベストセラー1位!

TS0528


2016年夏、最後のバブル終焉。
第二のリーマン・ショックはじまる!

この秋から2017年にかけて、
リーマン・ショック並みの経済混乱が噂される中、
今後の世界経済はどうなるのか?
選挙をにらんだ夏までの日本株上昇相場、原油の反転、ユーロ危機再燃など……、
秋までの驚愕の展開を、著者独自のT2モデルで予測。

「原油は反転! 石油メジャーの次なる一手」、
「ヨーロッパ初の危機、グレンコアに注目」、
「新ドルの可能性」など、ほかでは読めない情報が満載!

あなたの資産防衛にきっと役に立つはず・・・!
(日経平均、NYダウ、ドル/円、ユーロ/円、WTI、金価格など、独自のT2モデルで予測したチャートも掲載)

第1章 第二のリーマン・ショックは2016年にはじまる
第2章 世界の金融緩和リレーと日本のマイナス金利
第3章 欧米にくすぶる経済危機の火種
第4章 暴落から反転、年内には強気相場入りする原油
第5章 近づく米国主導のルール変更のとき
第6章 悩める中国の実態
第7章 最後のバブルが、ゆうちょ銀行とGPIFを追い込む
第8章 個人の資産防衛、有効な投資&資産整理はいかにすべきか?

    ↓  ↓  ↓
amazon購入キャンペーン申し込みはこちら!
注目の「パナマ文書」に関するサンプル音声も必聴!

塚澤健二

塚澤健二さん

北海道大学工学部卒。
理系出身アナリスト第一期として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。
「本物のプロフェッショナルによる本物の運用の時代」を予期し、07年10月に投資顧問会社T-Modelインベストメント株式会社を設立。ファンダメンタル・アナリスト時代からの「T-Model」分析に加え、物理学を応用し3次元で相場を分析する「T2」モデルを開発。独自の予測モデルによる的確な予測を提供している。著書に『そして大恐慌が仕組まれる』がある。