野本医師出版記念「医師もびっくり!認知症が治っている」キャンペーン

2016年6月6日 NEWS!

野本

私たちは通常、病気になると薬の処方を医師から受け、病気を治そうとしますが、本書によると、この方法は対処療法といって、病気の原因を断ち、改善し、回復させるものではないそうです。症状が治まると薬が効いたのだと思い込みますが、実際は、薬で治ったのではなく、薬を服用している間に自分の体内にある自然治癒力(免疫力)によって改善しているのです。

東京・ナチュラルクリニック代々木の野本裕子先生は、現場の医師として認知症の患者さんの治療にあたられています。そこでは、さまざまな副作用が指摘されている抗認知症薬に頼らない、安心で確実な予防や治療の実践が行われています。野本先生によると、認知症を予防するためには、日頃の食生活や生活習慣が大切であること、そして驚くことに、脳は全身の中で最も栄養が必要な器官であるとともに、脳へ大豆由来の栄養(リン脂質・レシチン)を届けると、神経伝達物質が増え、認知症が劇的に改善する事実を紹介しています。

脳に必要な栄養を届け、実際に認知症が改善している例を知ると、認知症は治らないと決めつけない方がいいでしょう。

この度、野本裕子先生が「医師もびっくり!認知症が治っている」という本を出版されました。それを記念して51コラボでは、3大特典キャンペーンを実施します。

野本裕子先生が「医師もびっくり!認知症が治っている」出版記念特典

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る