150年にわたる一子相伝の歴史を打ち破り、今ここに全人類に向けて「新言霊学」を宣言

2016年5月15日 コラム , ,

81OAiR401DL

150年にわたる一子相伝の歴史を打ち破り、
今ここに全人類に向けて「新言霊学」を宣言


亡き舩井幸雄が七沢研究所に期待したこととは?・・・


「言霊学事始」。

これは大正・昭和初期に言霊学を伝承されていた
山腰明将先生の「言霊」という講演録の復刻に加え、
今の時代にあった情報を盛り込み、
改めて言霊を学問として捉える、
という意味を込めてつけたタイトルが「言霊学事始」です。

出版早々アマゾンの神道部門、言語学部門で1位になりました。

「学問」というと人によっては、
何か堅く、とっつきにくい印象を持たれるかもしれません。
私も少しその気がありました(笑)。

しかしインターネットが発達し、
様々な情報があふれ複雑化した社会で、
私たちが幸せに生きるには、
特定の宗教や哲学を越えた世界=誰でも言霊を活かせる道を開く必要があります。

一人のカリスマがその個性や才能で編み出した手法では限界があり、
そのような時代は終わったということ
です。

なぜなら再現性が乏しいからです。
そのメソッドが適う人もいますが、適わない人もいます。

今まではそこで上手く行かない人がいると
「努力が足らない」「信心が足らない」という言葉で済まされてしまっていました。

言霊を活用して上記のような問題に対応する場合、
その「できない」という現実を客観的に直視し網羅した上で、
具体的かつ量子的な対応を付加していきます。

この点が個性や能力に関係なく、
誰でも生活や仕事に活用できる普遍性なのです。

「学問」とは、その万人に役立つ普遍性を追求し明らかにする道です。

多くの先人達が営々と築きあげた叡智をすべて集めて網羅し、
バラバラにして再構成し、
体系化して真に公に役立つものかを検証する。

そのような実用的学問としての
古神道、言霊学、その恩恵を
忙しい現代人が活用するためのデジタルな装置を提供できる時代が到来した、
と七沢研究所グループは認識しています。

それこそが、
今は亡き舩井会長が七沢研究所に期待されていたことであると確信しています。

~ロゴストロン株式会社取締役 石原政樹~


★言霊学の神髄を継承、
七沢歯科医院院長 七沢久子氏講演DVD
「言葉を変えれば、人生が変わる~心と体が元気なる言霊の力とは?~ 」
   ↓    ↓    ↓
http://51collabo.com/?shop=fm1005


<プロフィール>
K1 ishi

★株式会社七沢研究所
https://nanasawa.com/

★ロゴストロン株式会社
http://www.logostron.jp/index.php