学んでもうまくいかない理由… 知識や概念を超越するとは?

2016年5月12日 コラム ,

無題

学んでもうまくいかない理由…
知識や概念を超越するとは?


知識や概念を超越するとは?

私が武学の実践において、
掲げているもののひとつに「武学綱領」があります。

我々はかく創造する

武学は人類と個人の人生に
意義と目的を与え
慶徳として個人の中に存在する。

生命や人類への同胞愛は
知識や概念を超越し

より良い人類の発展は
真善美追求の徳育を通じて
最も良くもたらされ

大安な政治は人によって左右されず、
大和仁徳をもって
運営されるものであり

人間の個性はこの世の至宝であり、
武徳が人生最良の自他への貢献である。

未来創造力の源である武学の実践は、
全ての生命の希望でなくてはならない。

そして我々の使命は
知行徳一の理想世界を探求し、
常に創造し続けることである。

その一文に
知識や概念を超越し…」
とあります。

知識や概念を超越するとはどうゆうことなのでしょうか?


例えば、ラーメンの美味しさを知るのに、
麺の素材は国産の小麦を使用し、

出汁は最高級地鶏の鶏ガラと利尻昆布から…云々、
などと知識をいくら詰め込んでみても、

想像はできても味は決して分かりません。

同様に、なぜラーメンが出来たのかや
ラーメンが今に至る歴史などの概念をいくら学んでも、
ラーメンの美味しさを知ることはできません。

では、最も簡単に最速で知る方法は何でしょうか?

答えは「食べる」ことです。

なーんだ、と思われた方もいらっしゃるでしょうが、
講演セミナーを受け、
成功ノウハウ本を読んで成功された方はどの位いますか?

ほとんどの方がうまくいかずに、
次々とセミナーを渡り歩き、
成功本を読み続けているのではないでしょうか?

では、うまくいかない理由とは何でしょうか?

そうです。

知識や概念を詰め込むことに集中しすぎて、
「ラーメンを食べれば分かる」ということに気が付かないのです。

前回のセミナーと今回のセミナーの圧倒的な違いは、
「知識や概念を超越する。」ことです。


前回参加された方やDVDをご覧になった方はお分かりでしょうが、
「孫子の兵法の真実」を伝えるために

相当量の知識や概念をお話しました。

今回は、知識や概念を超越し体感ワークを通じて、
日常でどのように活用するのか? 

をお伝えしようと思います。

武学の学びは「活学」が基本です。
興味本位で知りたい、学びたい という方は残念ながら、
参加はご遠慮ください。

本気で世界を変えるという志で繋がり、
世界をもっと面白くすることにコミットできる方には、
最高の武器を提供致します。


★孫子直系の系譜を継ぐレノンリー氏が
今、2500年の秘伝を明かす

リクエスト殺到につき第2弾!
レノンリー氏最新セミナー開催間近!【5月22日】

誰も知らない「孫子の兵法」の真実パート2!
   ↓    ↓    ↓
http://51collabo.com/?shop=re0522

☆パート1の収録DVDはこちら!
   ↓   ↓   ↓
http://51collabo.com/?shop=re0726


<プロフィール>
武学士レノンリー

SM1002_01

(社)志教育プロジェクト 実行委員長
有限会社LNS 代表取締役
合同会社 武藝団 代表社員
国際武術格闘技連盟 会長
一般社団法人 メキキの会 大阪代表
一般社団法人国際徳育協会 最高顧問

1971年兵庫県伊丹市産まれ
大阪スポーツ大学スポーツ医療学科卒業、
文科省認定日本体育協会 第一期スポーツリーダー。
2011JCI世界会頭セクレタリーチーム

2005・2006年 のじぎく国体 武術競技 金メダル
2009年 国際武術大会チャンピオン(香港)
2010年 世界伝統武術大会チャンピオン(中国)

フロ・トイレ・上下水道の無い3畳2間で育ち
小学生の時に、日本とコリアンのハーフであることを公開したことにより、その後、壮絶な差別を経験する。

生きる目的を見いだせず、強さを求め、喧嘩に明け暮れ、バイクで暴走する日々を送る。

21歳の時に武学の師匠と出会い、「本物の強さ」を探求しつづけた末に、武人軍師の究極的な本質である「自分も負けない相手も負けさせない」自他不敗の活学を会得する。

37歳の時に人生最大の転機を迎える、それは敬愛する兄の死がきっかけとなり、生きる目的、そして人間とは何か?命とは?自分とは何か?をさらに深く探求する事となる。

その結果、天命、使命、宿命を統合、知識や概念を超越し且つ宇宙における全情報を包越する相対力学の体得トレーニングシステムを発見する。

それらの体験から「世界から戦争・差別・病気・貧困を解放し、より良い世の中を創る指導者を創ること」に人生をかけて取り組むことを決意する。

その後は、 アジアの国々で学校建設や支援活動・JCIでの国際活動・志教育プロジェクトの活動など世界50カ国以上で徳育活動を展開。

国内でも、小・中・高・大学、ロータリークラブ、三菱東京UFJ銀行、税理士会、社労士会、行政書士会など士業団体や経営者、医者を中心に様々な階層の人々に対して全国各地で研修やセミナーを行う。

2010年の世界キネシオロジー大会では武学医術、そして2013年のバリで行われたブレインジム世界大会では心医六合功、十四経絡体術などの2500年封印されてきた英知を一般に公開し、世界トップの医療家達の注目を集めることとなる。

世界を1ミリでも面白く、より豊かにしたい人達と共に国際的に徳育武学を普及する活動を推進中。

★一般社団法人 国際徳育協会
http://tci.wp-x.jp/

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る