「言霊の幸ふ(さきわう)国」日本の民

2016年5月10日 コラム ,

7a7df09cda0b747597a651d72cb88fe7_s

「言霊の幸ふ(さきわう)国」日本の民


言霊と言えば、
このところかなり認知度が上がってきています。

言葉には力があり、
言葉の通りの現実がやってくると日本では昔から言われてきました。

結婚式などのお祝いの席で、

「切れる」・「終わる」・「分かれる」を

口にしないといった風習は今でも残っていますね。

また、最善の結果を得るために、

「試合に負けないではなく、試合に勝つ」
「試験に落ちないように頑張るではなく、合格出来るようにがんばる」

とプラスの言葉を使いなさいというのも、

言霊の力

「発した通りの結果がやってくる」

というのを活用している例で、
メンタルトレーニングなどにも取り入れられています。

私たちの周りで思いのほか使われている言霊の力ですが、
これは単なる迷信やスピリチュアルなお話ではないのです。


七沢研究所の石原政樹さんとお話させていただいたとき

「言霊は事霊ともいい、ものを動かす最小の単位のエネルギー」

だとおっしゃいました。

「ものを動かす最小単位のエネルギー」ということは、

言霊の力は、
迷信でもスピリチュアルでもなくちゃんとした

「科学」

であるということなのです。

「言霊の幸ふ国」日本の民として、
いまこそ言葉に秘められた力を正しく知るときです。

日本語を話す民として、
言葉の持つ力を使い自分も周りも、
ともに幸せに向上していきましょう。

~「言霊と数霊は表裏一体」数字波動研究家・鈴木みのり~


☆数字波動研究家・鈴木みのり氏、最新セミナー収録DVD
あなたの魂は、次元上昇へ運ぶ列車に乗り込みましたか?
あなたの魂が、本当にやりたいことは何ですか?

モヤモヤしている「感情」から卒業し、
あなたの「魂が震える本当にやりたいこと」を
具体的に行動に起こせるようになる方法がわかるセミナー収録DVD
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=fm1016


鈴木みのり

数字波動研究家
鈴木みのりさん

子供のころから、人をみると心の奥底の感情がわかるのはもちろん、持ち物や文章からでも、その人の性格や感情がわかる体質。物や文章からその人の感情や性格がわかったりするのも自分だけの特殊な能力だと気づき始めたのは、阪神淡路大震災以降のこと。それなら自分の能力を活かそうと、ヒーリングの世界に入ることを決意。2003~2008年には、毎日放送テレビに出演のほか、産経新聞やラジオ「ありがとう浜村淳です」の占いコーナーを担当。2011年に日本の神様である「くくり媛」と名乗るエネルギー体とコンタクトが始まる。2013年から、数字を通して宇宙とつながることや、菊理媛のメッセージを伝える活動を行っている。2014年にはスピリチュアルマガジン「anemone(アネモネ)」に掲載。2015年に、サンマーク出版より【宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ】を出版。
鈴木みのりHP  http://life-therapy.biz/
鈴木みのりブログ http://ameblo.jp/supi-suhijutu/