今、日本の地に生まれ、日本語(言霊)を話す理由があった

2016年5月5日 コラム ,

51hwmcIx8UL

今、日本の地に生まれ、日本語を話す理由があった


今、この大きな変化の時代に、
日本の地に生まれ
日本語を話すということは、大変な意味があります。

地球が大きく変化した今、
世界に大きな和をもたらす民としての役割を、
そろそろ自覚する時か来ています。

自分も他人も、
ともに豊かさを得ることができる

「利他共存」

の生き方を思い出しましょう。

日本語の持つ力を知り、
自分という
言霊の宇宙を創造していきましょう。


~数字波動で読み解くと・・・

★ことだま = 116

「116」には、
言霊のほかに、

産霊(むすび)・日本・剣

も同じ波動を持っています。

産霊とは、
結合のエネルギーで時空を超えた領域で作用
するものです。

言霊も同じように、
時空を超えた領域で作用し、
産霊(むすび)のエネルギーにもなるということでしょう。


★かずたま・おとだま =111

「111」は、
思いや祈りが成就していく様子を表しています。

数霊は言霊と表裏一体で、
ほぼ同じ意味を持ちますし、
言霊は声を使って発声することで音霊となります。

言霊・数霊・音霊を使うことで、
私たちの思いや祈りが成就してきます。


☆数字波動研究家・鈴木みのり氏、最新セミナー収録DVD
あなたの魂は、次元上昇へ運ぶ列車に乗り込みましたか?
あなたの魂が、本当にやりたいことは何ですか?

モヤモヤしている「感情」から卒業し、
あなたの「魂が震える本当にやりたいこと」を
具体的に行動に起こせるようになる方法がわかるセミナー収録DVD
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=fm1016


鈴木みのり

数字波動研究家
鈴木みのりさん

子供のころから、人をみると心の奥底の感情がわかるのはもちろん、持ち物や文章からでも、その人の性格や感情がわかる体質。物や文章からその人の感情や性格がわかったりするのも自分だけの特殊な能力だと気づき始めたのは、阪神淡路大震災以降のこと。それなら自分の能力を活かそうと、ヒーリングの世界に入ることを決意。2003~2008年には、毎日放送テレビに出演のほか、産経新聞やラジオ「ありがとう浜村淳です」の占いコーナーを担当。2011年に日本の神様である「くくり媛」と名乗るエネルギー体とコンタクトが始まる。2013年から、数字を通して宇宙とつながることや、菊理媛のメッセージを伝える活動を行っている。2014年にはスピリチュアルマガジン「anemone(アネモネ)」に掲載。2015年に、サンマーク出版より【宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ】を出版。
鈴木みのりHP  http://life-therapy.biz/
鈴木みのりブログ http://ameblo.jp/supi-suhijutu/