数字は宇宙からのメッセージ ①

2015年7月9日 コラム

150703_tagname05_01

はじめまして。「数字の波動」を研究しています鈴木みのりです。
「数字の波動」って聞きなれない言葉ですね。波動という言葉を意味という言葉に変えてみるとわかりやすいかもしれません。

数字は、宇宙やほかの次元でも使われているので「宇宙共通の言語」と言われていて、数字一つ一つに意味があります。この数字の持つ意味のことを「数字の波動」と言ったりします。

宇宙の共通言語とは、わかりやすく言うと国際共通語の英語のようなイメージです。

私たちは長い間、この「宇宙の共通言語」である数字を、個数や長さ・重さを表す記号としか見てきませんでした。そのせいで、本来誰でもが持っている、数字の意味を考えたり活用することを、すっかり忘れてしまっているのです。

数字は「宇宙の共通言語」ですから、宇宙や高次元からのメッセージは数字を使ってやってくることが多く、実際に昔から、さまざまな国でその記録が残されています。
日本では「神代文字(かみよもじ)」や「日月神示(ひつくしんじ)」などが代表的でしょう。

じつはこの数字の波動(意味)を使うと、いろいろと面白いことができるのです。

人の性格・魂の質・運気を知るといった占い的な側面はもちろん、これからの地球の動向や、宇宙からあなたへのメッセージをうけとることや、自分の魂と会話したり宇宙やハイヤーセルフとつながること、事件や自然災害などのスピリチュアルな意味を読み取ることまで出来てしまうのです。

宇宙からあなた個人に届いたメッセージを受け取る方法は、著書【宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ】に詳しく書いていますので参考になさってください。

それではためしに、数字の波動を使ってこれからの地球の動向を見てみましょう。

使う数字は西暦です。西暦1000年代は「1」の数字のネガティブな側面の「競争・勝ち負け・自己中心」といったエネルギーでしたが、2000年代に入り「2」の数字が意味する「調和・協調」のエネルギーに変化したのです。

その変化は、一見スピリチュアルとは関係ないように思えるビジネスの世界にも影響を及ぼしています。
今までなら、自社だけでとか、競争して勝つといった「戦い」の姿勢が主流でしたが、最近では同業だけでなく異業種とのコラボ商品のように「協力」しあい、お互いの良いところを活かしたビジネスが多くなりました。

地球自体の波動が変わったのですから、その上に住んでいる私たちに影響があるのは当然かもしれませんね。

鈴木みのり

数字波動研究家
鈴木みのりさん

子供のころから、人をみると心の奥底の感情がわかるのはもちろん、持ち物や文章からでも、その人の性格や感情がわかる体質。物や文章からその人の感情や性格がわかったりするのも自分だけの特殊な能力だと気づき始めたのは、阪神淡路大震災以降のこと。それなら自分の能力を活かそうと、ヒーリングの世界に入ることを決意。2003~2008年には、毎日放送テレビに出演のほか、産経新聞やラジオ「ありがとう浜村淳です」の占いコーナーを担当。2011年に日本の神様である「くくり媛」と名乗るエネルギー体とコンタクトが始まる。2013年から、数字を通して宇宙とつながることや、菊理媛のメッセージを伝える活動を行っている。2014年にはスピリチュアルマガジン「anemone(アネモネ)」に掲載。2015年に、サンマーク出版より【宇宙からの贈り物「数字マンダラ」が幸せを呼ぶ】を出版。
鈴木みのりHP  http://life-therapy.biz/
鈴木みのりブログ http://ameblo.jp/supi-suhijutu/

メールマガジン登録特典

TOPページへ戻る