エネルギーを無視した医療は問題外

2018年11月2日 コラム , ,

無題



エネルギーを無視した医療は問題外

~新医学宣言」という旗頭のもと始まった
ホリスティックレッスンも
今回で第2弾であり、
11月3日(土)は
この回の最後の講座になります。

人の行動は何が決めるのでしょうか?
それは不安(恐怖)か
深い感動だと私は思っています。
どちらも「自分軸」に影響を及ぼすものですが、

前者はエネルギーを奪い取り、
自分軸をなくしてしまうものであり、
後者は「自分軸」をしっかり
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
揺ぎ無い柱へと「進化」させるものです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人の脳は起った現象に対して何故?

どうして?

を繰り返し繰り返し
自分の納得できるところまで追求し、
附に落し込み成長します。

人は真面目に真面目に考え、
行動することで気づき賢くなってゆきます。

「新医学宣言」の建白書には

人を脅かす医療ではなく、
人を活かす医療を求めますとあります。

つまり今の医療のあり方に
より多くの人が気づき、
どうしたらより良くなるのか各人、
自ら考えていただきたい!

と求めているのです。

11月3日に登壇される
西原克成先生は
人の免疫力(自然治癒力)を正しく発動させる為には

①口呼吸をしない
②カラダを冷やさない
③骨休めをする(正しく睡眠をとる)

が大切だとおっしゃいます。
このことは今ではあたりまえすぎる程
あたりまえのことですが

どうして大切であるか
「科学的に根拠」をもって
西原先生は教えてくれます。

またそれを怠った場合
どうなるかも科学的に根拠を出して伝えてくれ、
なおかつ正しく治療を行うことで、

多くのいわゆる難病といわれる患者さんを改善、
治癒に導いています。

簡単で費用もさほどかからず、
誰でもすぐ出来るのに効果があるものを
フナイでは「本物」と言っていたと思います。

西原先生の研究の成果は
ゲーテ、
ラマルク、
キュビエ、
リンネ…
達とそれを引き継ぎ「生命の形態学」として統括した

故三木成夫先生の研究を礎に

構築され私たちによりわかり易く納得でき、
実践できるものとして届けられています。

つまり「本物(・・)」です!。

時代時代で賢者と言われた先達たちに共通するものは
この地球上の新しいシステムを
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
後世になんとしても伝えなければという思いが
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
世間の潮流に飲み込まれないで
踏み留まれる情熱(エネルギー)を生むことを
知ったことだと思います。

その息吹は確実に
西原先生によって私たちにも伝わろうとしています。
タイムマシーンでもなければ今、
ゲーテやラマルク達の話を聞くことはできませんが、

彼らの波動は
西原先生の息吹に言霊に畳み込まれ共振しています。

今、この時(11月3日)同じ空間で共に
その波動を浴びるチャンスを掴み損ねぬよう、
「自分軸」を太い柱に
進化できる機会を
好機にしていただけることを願っております。~

~奥歯科医院・院長
 奥慶仁先生レポートより~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★最終講座突入!
ホリスティックレッスン・パート2
~潜在能力を開く7つの鍵~

第5講座 西原克成&向後利昭&奥慶仁
【11月3日(土)開催】
   ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=ho21103

※全5回連続講座は、
1回の参加料金がサービスとなります。
   ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?page_id=18541

━━━━━━━━━━━━━━━━━━


~~~講師プロフィール~~~

三大難治病(癌、免疫病、精神病)の根治例多数!エネルギーを無視した医療は問題外

西原先生
西原克成

日本免疫治療研究会 会長
西原研究所 所長
医学博士
西原歯科・口腔科・内科診療所所長、日本免疫病治療研究会会長、「ミトコンドリア博士」。神奈川県生まれ。東京医科歯科大学卒業、東京大学大学院医学系博士課程修了。東京大学医学部口腔外科教室講師として、東京大学医学部附属病院で長く臨床に携わる。実験進化学の研究成果をもとに、さまざまな免疫病のメカニズムを解明し、根本的な治療方法を確立。大学病院等でも根治できなかった患者が多く来院することから、診療所は「医療界の駆け込み寺」と呼ばれる。

◆西原研究所 西原歯科・口腔科・内科診療科:http://nishihara-world.net/index.html

西原書籍

~~~講師プロフィール~~~

「歯」は一番大事な臓器だった!気鋭の歯科医が公開する真実

奥先生
奥慶仁

奥歯科医院院長
岡山県津山市出身 1987 年東京歯科大学卒業、同年東京歯科大学市川総合病院オーラルメディシン科(診断学)に入局。そ
の後医療法人社団恵慈会の分院長に就任。口に入ってくる物のことにあまり意識を向けていない同業者の多さに気づき、当時新進気鋭であった幕内秀夫氏に師事、その教えを広めていく。1998 年 東京都目黒区に歯科医院開業。まずごはんと自家製の味噌で作った味噌汁と漬物という。粗食をスタッフに体感させ、食餌の大切さを伝えることから始める。患者さんに食餌指導を進めて行く中で、今の日本の食事、特に将来を担う若者、学童、幼児の食事のあり方を知れば知るほど愕然とする。意識改革の必要性を痛感。今の自分を築きあげてく上で、コーチングの伊藤守氏、ミトコンドリア博士の西原克成先生、生システム研究会の伊東聖鎬先生、白川学館の七沢賢治先生らとの出会いは必須であった。現在セミナー、個人セッションを通して掴んだ事柄を後進に伝えている。
◆奥歯科医院:http://www.oak-oku.com/
◆奥歯科医師登場!「言霊GALAXY99・特別講義オンライン配信~願望成就の秘宝~」はこちら!http://51collabo.com/?shop=ko0528?

~~~講師プロフィール~~~

40年来の間違った日本の育児方法に警笛!

向後先生
向後利昭

八街こどもクリニック
医学博士・臨床心理士
平成元年3月25日旭川医科大学卒業後、平成元年6月1日付け千葉大学医学部小児科学教室に入局、
その後平成2年4月1日から船橋市立医療センター、
平成3年4月1日から千葉市立海浜病院(NICU)、
平成5年10月1日から国保君津中央病院(新生児科)、
平成6年4月1日から千葉県こども病院、
平成6年10月1日国立療養所下志津病院(現国立病院機構 下志津病院)小児科医長等を経て、
平成14年4月8日、千葉県八街市に八街こどもクリニックを開業。現在に至る。
【専門】
先天代謝異常の分野で遺伝子診断・治療を研究し、オルニチントランスカルバミラーゼ異常症の分子病理にて医学博士の学位を取得 。平成4年に日本小児科学会認定医、平成13年に臨床心理士の資格取得。平成16年日本小児科学会専門医。
◆『八街こどもクリニック』ホームページ http://www.child-clinic.com/?

向後書籍