生命の樹(カバラ)は奥義を秘めて光が射すまで沈黙していた《大晦日24時〆プレ映像無料配信》

2017年12月30日 コラム, NEWS! ,

372px-Kabbalistic_Tree_of_Life_(Sephiroth)



生命の樹(カバラ)は奥義を秘めて光が射すまで沈黙


~謎多く、神秘のヴェールに包まれたカバラ・生命の樹ですが、
私は、その図形の意味を自分を救うプロセスで知っていきました。

カバラとは何か?
最もシンプルに言うならば、
それは、①受け取る②伝承する③錬金術です。

意味は、①入力②出力③間術(まじゅつ)です。
特に③の間術は、①入力と②出力の間の形にする創意工夫、
そして心言行(しんげんこう)といった自分自身の生命の息吹なのです。

天からの生命の息吹を受け取り、
受け取った息吹を自分の息吹として現実世界に吹き込むこと。
この仕組みをマスターすることで、
自分の意識と宇宙の働きが調和して働くようになります。

カバラ・生命の樹は、
天に在るものを受け取る奥義を秘めて、
光が射すまで沈黙していましたが、
悠久の時を越えて、今、生命の樹が語り始めています。
その言葉を取り次がせて頂きます。~

生命の樹研究家 小西温子先生より


★この「生命の樹(カバラ)」…。
今、発信中の情報、
プレ・マスメディアには載らない情報~6つの真実~
  ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?page_id=13895

※プレ企画を無料配信中!【大晦日24時まで】
視聴登録数は約2000人!
誠にありがとうございます。

にて、発信を試みましたが、
視聴者の皆様より、
「生命の樹(カバラ)」について
興味深い声をいただいております。

【プレ企画でいただきましたお客様の声】

★生命の樹についての感想…
ここオーストラリアで
生命の樹を知りずっと気になっていましたが
今ひとつ踏み込めずにいました。
このビデオで「これだ!」と確信しました。
お話の一つ一つが腑に落ちるというか、
頭を大きく振り、頷き、時にはそうだそうだと
思わず声が出てしまうほどでした。
中から何か溢れでる感じがあります。
涙が出て来そうな時がありました。
自分の全てを
肯定できるかも知れない感じがしています。
あと、今までのバラバラだと思っていた情報が
パズルの様にピッタリ型にはまっていく感じもしました。
見終わってから感動の余りボーッとなりました。

★カバラの考え方が旧約聖書に描かれている
古来のヘブライの時代からの思想であり
法則であったことを知りました。
図形が全て幾何学的な形で大変興味深く感じました。
能動があればと受動も備わってる。
自然の仕組みの不思議を改めて実感しました。
もっと深く学びたいと思います。

★ここのところカバラという言葉を目や耳にしておりまして、
徐々に関心が出てきていましたが、
カバラについてはまったく知識がなく、
でも、いいものなんだろうな~と
漠然と思っていました。
そして興味深いのは、
ヘブライ語と日本語に共通点が多いということでした。
一般の歴史では教えられてこなかった
秘密があると思うとワクワクします。

★VTRにとても惹きつけられるのは
ーーーーーーーーーーーーーーーー
体のどこかが真実に反応している
ーーーーーーーーーーーーーーーー
かのように感じます。

★生命の樹と人体には関係があるのですね。
達人がおっしゃると説得力があります。
ますますカバラに興味が湧いてきました。

他、多数!


~~~講師プロフィール~~~

引き寄せの法則を成功させる、受け取りの法則があった!

小西

小西温子

生命の樹研究家。1971年、札幌生まれ。小学3年生の時、ピラミッドの図鑑の不思議な図形に心を奪われる。この出会いが「生命の樹」の原初体験となる。25歳の時に参加した地球環境問題の講演会で衝撃を受け、価値観と生活への態度が大きく変わることになるが、反面、ずっと生きづらさも抱え、どう生きていったらいいかがわからずに、30代は引きこもるように田舎で過ごす。2007年、また生命の樹が人生に現れることに。『フラワー?オブ?ライフ』(ナチュラルスピリット)での「生命の樹」との再会をきっかけに探求が始まり、やがて、「生命の樹(カバラの教え)」の叡智を『受け取る』ようになる。その叡智こそが、もうすでに在るものを『受け取る』方法であることを発見し、苦しかった心が瞬く間に、望む方向に運ばれていき人生が激変。「生命の樹」の叡智、それは『引き寄せ』ができない原因を補う『受け取る』方法を説くもの――この自分を救ったプロセスを、他者と分かち合うべく、現在は『受け取りの法則』を全国で伝える活動をしている。

81OpB2g23SL

ユダヤの神秘学、生命の樹(カバラ)とは何か?
生命の樹(カバラ)とは?…生命の樹は、世界中に伝わる神話の中にシンボルとして存在します。最も有名なものは、旧約聖書です。生命の樹の対である、知恵の樹の果実をイブが食べてしまったと伝えられています。生命の樹は、人間の成長を助ける学問(専門用語ではカバラ)のひとつです。カバラ数秘というものが有名ですが、数秘は、カバラから生まれたものです。他に、タロットや占星術、心理学、建築学などもカバラから生まれたと言われています。一生かけて学び続けるような、広範囲に渡る体系を持つ学問です。カバラの語源は、古代ヘブライ語の『キャッバーラ』という言葉です。意味は、『受け取る』です。カバラとは『受け取る』ことを学ぶ学問なのです。生命の樹の仕組みを学ぶと、受け取り上手になります。また、生命の樹は、天と地の間の秘密を解く鍵とも言われています。見えない世界の創造の仕組みを見えるように表した設計図とされています。

◆生命の樹(カバラ)研究家 小西温子オフィシャルブログより https://ameblo.jp/imakokowatashi-arigatou/