8月21日に起きる米国横断の約1世紀振りの「皆既日食」

2017年8月15日 コラム ,

75cb99c1bb28dba7022304f332f42ce8_s


8月21日に起きる米国横断の約1世紀振りの「皆既日食」


~今年 8 月 21 日、
米国では西海岸のオレゴン州から東海岸のサウスカロライナ州まで、
大陸を横断する皆既日食が見られる。
大陸を横断する皆既日食は 1918 年以来約 1 世紀ぶり(99 年振り)となる。
皆既日食は、月が地球と太陽の間を通る際に太陽を隠し、
太陽の外側の光輪(コロナ)のみが見える現象。
米太平洋夏時間で 21 日午前 10 時 15 分(1715GMT、日本時間 22 日午前 2 時 15 分)に
オレゴン州のリンカーンビーチ付近で始まり、
米東部時間午後 2 時 49 分(1849GMT、日本時間 22 日午前 3時 49 分)に
北緯 33 度線上のサウスカロライナ州マクレランビルで終了する。
天候が許せば、皆既日食帯が通過する 14 州で観測できる可能性がある。
米天文学会の天文学者リック・フィーンバーグ氏は、
部分日食と皆既日食は「文字通り昼と夜ほど違う」と説明。
部分日食では 99%太陽が隠れてもコロナは見られないのに対し、
皆既日食では気温が下がり「空が夕刻の色に染まる。
明るい星や惑星が見え、小鳥や動物が日没時のような行動を取る」と述べた。…

…何かが起こる前兆となる『皆既日食』と『皆既月食』。
前回約 1 世紀前の 1918 年の米国横断「皆既日食」は
第一次世界大戦終戦の年となっている。
さて、今回は何をもたらすのか?

現在、過去最高値更新でエネルギーが沸騰している米国株式市場
この約 1 世紀振りの「皆既日食」はどのような影響を与えるか?
と興味は尽きないが、
「皆既」が「怪奇」に変わる不吉な…~


~2017年7月31日配信「生活防衛の教室」第289回より~

★恐怖指数は93年の統計開始以来、24年振りに最安値を更新
★米国株式は「野球なら八回」?
★8月21日に起きる米国横断の約1世紀振りの「皆既日食」

塚澤健二先生のオリジナルデータ付きレポート&解説音声の全貌はこちら!
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop_tag=shop_tag02_sub01


★皆既日食直前!塚澤健二先生のセミナー開催迫る!【8月19日(土)】
    ↓  ↓  ↓
http://51collabo.com/?shop=ts0819


★塚澤健二新著「未来からの警告2!トランプの破壊経済が始まる」

塚澤 51トップバナー

この秋、経済は大転換! トランプ大統領誕生を予測した著者が、
第二のリーマン・ショック到来を警告する?

トランプ大統領の誕生からはや半年。グローバル経済の常識を打破し、
自国中心主義を進めるアメリカ。
アジアで、中東で、ヨーロッパで…、次々に起こる衝突や政治リスク。
今後の世界経済はどうなるのか?
第二のリーマン・ショックが起こるとしたら、それはいつなのか?
その兆候はどんなデータに現れるのか?
独自のT2モデルを駆使する著者が、世界経済危機を予測する!

また日本株を支える日銀、ゆうちょ銀行などの資金の流れを詳しく解説。
日本株の株価動向を決める意外事実とは?

世界経済にも影響を与え始めたビットコイン。その急騰の背景は?

★投資をしている人はもちろん、今後の経済動向を知りたい人には必読の書。

第1章 トランプの破壊経済で世界はどうなる?
第2章 トランプ相場の行方とビットコインの台頭
第3章 2017年、日本の株式市場はどうなる?
第4章 政府と日銀の政策が景気を下支えする
第5章 2017年は転換の年、2018年に向けて大変動が起こる!
第6章 これからの個人投資はどうすべきか
終 章 T2モデルによる市場・株価・商品分析
    ↓  ↓  ↓
Amazon購入キャンペーン申し込みはこちら!
注目の「ビットコイン」に関するサンプル音声も必聴!

塚澤健二

塚澤健二さん

北海道大学工学部卒。
理系出身アナリスト第一期として、日興リサーチセンター、ジャーデンフレミング証券、JPモルガン証券で、23年間にわたりトップアナリストとして勤務。
「本物のプロフェッショナルによる本物の運用の時代」を予期し、07年10月に投資顧問会社T-Modelインベストメント株式会社を設立。ファンダメンタル・アナリスト時代からの「T-Model」分析に加え、物理学を応用し3次元で相場を分析する「T2」モデルを開発。独自の予測モデルによる的確な予測を提供している。著書に『そして大恐慌が仕組まれる』がある。